東芝の半導体子会社売却 中国当局が了承

東芝の半導体子会社売却 中国当局が了承

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/05/18
No image

動画を見る(元記事へ)

東芝は半導体子会社の売却について、懸案だった中国当局からの売却の承認が下りたと発表しました。売却が完了すれば経営再建が大きく前進します。

東芝は去年9月、半導体子会社「東芝メモリ」をアメリカの投資ファンド「ベインキャピタル」を中心とする日米韓連合へ売却することを決定しました。中国の独禁法当局の審査が長引いて売却完了が遅れていましたが、17日までに中国当局からベインキャピタルに買収を認める連絡が入りました。東芝は来月1日に東芝メモリを2兆円で売却する予定で、売却が完了すれば財務体質が大きく改善する見通しです。今後は、収益の柱だった半導体メモリ事業に代わる事業の確保・育成が課題となります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
夏のボーナス2位「スター精密」どんな会社? 支払額でトヨタ上回る
日本産ウイスキーの「危機」について知っておくべき4つのこと
コンビニ「一人勝ち」セブンも、大型ドラッグストアに殺される日
苦境のワコールの最大の汚点、ピーチ・ジョン買収の代償...名門ブランド毀損
ヤマトを蝕む「ノルマ地獄」、違法残業騒動1年後の実態
  • このエントリーをはてなブックマークに追加