タナベ経営---2Q業績予想を上方修正、主力のチームコンサルティング型経営協力など順調に伸長

タナベ経営---2Q業績予想を上方修正、主力のチームコンサルティング型経営協力など順調に伸長

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/17
No image

株式会社フィスコ

タナベ経営<9644>は14日、2017年3月期第2四半期累計期間(4-9月)の業績予想を修正したと発表した。売上高は従来予想の3,650百万円から3,692百万円に(前年同期は3,636百万円)、営業利益は300百万円から406百万円(前年同期は405百万円)、経常利益は320百万円から431百万円(前年同期420百万円)、四半期純利益は210百万円から295百万円(前年同期316百万年)、1株当たり四半期純利益は24.24円から34.05円(前年同期36.53円)に上方修正。

経営コンサルティング事業において、主力となるチームコンサルティング型経営協力はじめ、セミナー、各種会が順調に伸長し、売上高が年初計画を上回る進捗状況となった。SP(セールスプロモーション)コンサルティング事業においては、付加価値向上とともに経営の効率化を推進しており、業績に寄与する見通しとなった。

なお、通期の業績予想は、売上高が前期比2.4%増の85.00億円、営業利益が同1.0%増の8.65億円、経常利益が同1.6%増の9.00億円、当期純利益が同1.3%増の5.90億円とする期初計画を据え置いている。

<YF>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
ニッポンの自動車史に名を刻んだオモシロ軽自動車大集合!
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加