パトカーでセンター試験会場へ 北海道の踏切事故で受験生4人

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/14

本格的な入試シーズンの幕開けとなる大学入試センター試験が13日、全国の695会場で始まった。日程は14日までで志願者数は前年度より6704人増の58万2671人。北海道白老町では踏切事故の影響で遅刻の恐れがあった受験生4人を道警がパトカーで試験会場まで運んだ。センターは、過去にパトカーで受験生を送ったケースは聞いたことがないとしている。

踏切事故が発生したのは13日午前8時ごろ。北海道白老町竹浦のJR室蘭線の竹浦―虎杖浜間の幌内通踏切で、札幌発函館行き特急スーパー北斗4号(7両編成)と乗用車が接触した。道警によると、乗用車の運転者は「太陽がまぶしくて列車に気づかず踏切に入ってしまった」と話しているという。

ケガ人はなかったが、室蘭線は現場付近で約2時間にわたって運転を見合わせた。事故の影響で特急と普通列車計3本が運休、5本に最大1時間40分の遅れが出た。

これに慌てたのが受験生だ。受験生1人が登別駅(登別市)でこの特急を待っていた。また、後続の普通列車には受験生3人が乗っており、萩野駅(白老町)で足止め状態になっていた。遅刻の恐れがあった4人のためにJR北海道はタクシーを手配したが、事故処理の対応をした道警がそれでは間に合わないと判断。試験会場の室蘭工業大(室蘭市)までパトカー2台でそれぞれを運ぶ“ファインプレー”を見せた。パトカーは、緊急走行はしていないという。

室蘭工業大によると、受験生4人のうち、特急を待っていた1人は午前10時40分の試験開始に間に合い、通常通り受験した。後続列車の3人は「入室終了時刻」に間に合わなかったが、別室で4分遅れで試験を受けることができた。

道警では前日までに、受験生が事故などの緊急事態に巻き込まれた場合にはパトカーで送るよう各署に通知していた。後続列車の3人を運んだ苫小牧署は「受験勉強が無駄にならないよう、将来のことも考えて対応した。受験できたと聞いて安心している」としている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【悲報】東京、ガチで雪が積もり始める
大雪 首都圏で帰宅困難者多数出るおそれ 早く帰宅を
【寒波】最後にもう1度だけ言うけど、来週  “とんでもないこと” が起こります / 月曜が合図で、そのあと終わりが来ます
「関東連合」元幹部、“AV女優と交際”で恐喝未遂か
大雪の影響 関東の帰宅ラッシュを直撃 早めの帰宅を
  • このエントリーをはてなブックマークに追加