ギレルモ・デル・トロ、ベネチア映画祭審査員長に!金獅子賞輝いた翌年

ギレルモ・デル・トロ、ベネチア映画祭審査員長に!金獅子賞輝いた翌年

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2018/02/13
No image

写真は昨年、金獅子賞に輝いたデル・トロ監督! - Venturelli / WireImage / Getty Images

昨年の第74回ベネチア国際映画祭にて『シェイプ・オブ・ウォーター』で最高賞にあたる金獅子賞に輝いたギレルモ・デル・トロ監督が、今年開催の第75回ベネチア国際映画祭でコンペティション部門などの審査員長を務めることが明らかになった。

金獅子賞で祝福された同映画祭に審査員長としてカムバックすることになったデル・トロ監督は「ベネチアで審査員長を務めることができるのは大変光栄なことです。尊敬と感謝の気持ちで、責任を全うしたいと思います」と喜びを表し、「ベネチア映画祭は世界中の映画に対する窓であり、そのパワーと文化的つながりの恩恵を受ける機会を与えてくれます」とコメントした。

デル・トロ監督は、そのほかに選ばれる9名の国際的な映画業界人や文化人たちと同映画祭の最高賞にあたる金獅子賞をはじめとする全8賞を決定する。第75回ベネチア国際映画祭は現地時間8月29日から9月8日まで開催される。

なお、ベネチア国際映画祭でプレミア上映されてから、賞レースを牽引してきた映画『シェイプ・オブ・ウォーター』(日本公開3月1日)は現在、第90回アカデミー賞で作品賞を含む最多13部門にノミネートされている。(編集部・石神恵美子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
<高橋一生×齊藤 工インタビュー>同世代2人が互いに抱く“特別な思い”「半ば諦めかけていた」奇跡のタッグ実現の裏側
山田洋次作品に、阿部寛と常盤貴子、立川志らくが参加!【視聴熱】
最低作品賞・最低監督賞・最低脚本賞ノミネート! 「絵文字の国のジーン」は何がそんなにダメなのか
セブンティーンモデル・久間田琳加、映画初主演に喜び「撮影が楽しみ」
美少女モデルの久間田琳加、映画初主演が決定!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加