ベネット社長もPUBGでドン勝にチャレンジ! レノボがTGSに初出展 - TGS2018

ベネット社長もPUBGでドン勝にチャレンジ! レノボがTGSに初出展 - TGS2018

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/09/22
No image

東京ゲームショウ2018ではレノボ・ジャパンが初出展していました。LegionはLenovoのゲーミングPCで、以前はLenovo Yシリーズとして展開していたものをブランドとして独立させました。

ブースにはデスクトップ型のLegion T530、キューブ型のLegion C530、ノートPCのLegion Y530と3タイプのPCを展示するほか、LenovoがUbisoftのRainbow Six : Siege Pro League and MajorsのPC&モニタパートナーということもあり、5台のT530を使った試遊台を設置、5人そろわなくてもブース説明員と共にRainbow Six Siegeを遊ぶことができました。

ビジネスデイ初日には、レノボがスポンサードをしている東京ヴェルディeスポーツのFIFA部門に所属するy0ichiro選手を交えてのトークセッションがありました。FIFAは毎年発売されるサッカーの人気タイトルですが、y0ichiro選手はFIFA17の週間ランキングで世界2位になったほか、FIWC(FIFA eWorld Cup)でも優秀な成績を収めている選手です。来週FIFA 19が発売されるということで、現在は体験版を毎日2時間ほどプレイしているそうです。

東京ヴェルディホームゲームにてファン交流イベントを開いたこともあり、エキシビションマッチや観客参加型の対戦もあったとのことで「もしも東京ヴェルディがJ1に復活すれば、FIFAで東京ヴェルディの選手を使う事もできる」とアピールしていました。

○社長が独断でPUBG企業対抗戦 in TGSに申込み?

ビジネスデイの2日目にはPUBGが好きなベネット社長がTGS2018会場で行われる「第一回 PUBG企業対抗戦 in TGS」に申込み、監督兼選手として登場しました。PUBGは最大100名が最後の1人になるまで戦うバトルロワイヤルゲームで、勝者になることは「ドン勝」といわれています。

4名1チームのチーム戦も盛んにおこなわれており、今回も1チーム4名が20チームでのバトルとなりました。会場の実況担当者はまさかレノボ・ジャパン/NECパーソナルコンピューターの社長とは思っていなかったようで「日本語のウマい外国人」としか認識していないようでした。

なおメンバーには社外の助っ人を1名まで起用することができ、ベネット社長のほか、デスクトップ製品担当マネージャーの藤井浩明氏、ノートパソコン製品担当マネージャーの三島達夫氏とRimseRera所属のBeguz選手でチームを構成していました。

試合ですが、マップのほぼ中央に陣取り最初の安全地帯に入っていたものの、安全地帯縮小に伴う乱戦に巻き込まれたため27分52秒にBeguz選手が倒れ、チーム成績は9位で終わりました。「Lenovoは今後もイベント等を通じてe-Sportsの盛り上げに協力したい(ベネット社長)」と語っており、今後の活動に期待できそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[関西U-16~Groeien~]最終戦5発快勝の京都橘が逆転V!阪南大高とともに全国へ:G1リーグ第8節
  • このエントリーをはてなブックマークに追加