沖縄・米軍ヘリ炎上から一夜明け 機体原形とどめず

沖縄・米軍ヘリ炎上から一夜明け 機体原形とどめず

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/12
No image

動画を見る(元記事へ)

沖縄県東村でアメリカ軍普天間基地所属のヘリコプターが大破・炎上した事故から一夜明け、機体の状況が明らかになりました。

沖縄本島の北部にある東村高江の現場に残る事故機は骨組みだけとなり、原形をとどめていません。現場には12日午前1時すぎに、撤去作業を行うとみられる人を乗せた大型バスが到着しました。撤去作業や現場検証はこの後、本格化するとみられます。周辺には去年の末にアメリカ軍の新たなヘリパッドが建設されていて、騒音などの負担が増加し、今回の事故で住民の不安は一層、強まっています。沖縄県の翁長知事は午後にも現場を視察するということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
飲酒暴走「ルールまるで無視」 運転の男に懲役17年
テルモの医薬品工場 機械に上半身挟まれ男性死亡
「引越事故賠償金」が天引きされて月給マイナス1000円に! 引っ越し業者勤務者の給与明細が酷いことが明かされる
「ニュース見てないんか」「息子やろが」 東名追突死亡事故、デマ拡散で無関係企業に嫌がらせ 暴走する“ネット私刑”の恐ろしさ
使い捨てコンタクトにブラシの毛 J&J自主回収発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加