畑岡奈紗Vへ入念準備「勢いがある」渋野と共闘誓う

畑岡奈紗Vへ入念準備「勢いがある」渋野と共闘誓う

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/09/11
No image

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 大会前日の会見を行う畑岡奈紗(撮影・清水貴仁)

畑岡奈紗(20)は2位以上なら生涯獲得賞金が1億円を突破する。達成試合数17試合は、申ジエの15試合には及ばないが、フォン・シャンシャン(中国)と並ぶ、歴代2位となる。

しかし、畑岡の反応はそっけない。「そうなんですか? でも私は米ツアーでプレーしているので、そちらの方で‥」と興味を示さなかった。

賞金よりも、畑岡が目指すのは優勝だ。今季は国内ツアー出場が少なく、プロアマ戦出場の資格がないため、入念にショットの練習を行った。「プロアマ戦に出ないのは2年ぶり。一打一打集中して打てたし、4日間長いので体力面で温存できた」と本戦へ集中を高めていた。

同じ黄金世代の渋野については「今、彼女は一番勢いがあるのでそういう(優勝を争う)機会があったら、お互い頑張れたら」とコメント。渋野が優勝したAIG全英女子オープンで予選落ちし、その後日本に戻って10日間練習。筋力トレや、素振りの練習などで「頭の中を1回フレッシュに戻して原点回帰した」と調子を取り戻した。

「調子がいいのでティーショットを安定させて、フェアウエーからチャンスにつけていけるようにしたい。20アンダーを目指してやりたい」と優勝スコアもしっかり見据えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
渋野日向子、スコア伸ばせず8打差20位で最終日へ「昨日ほど楽しくなかったかも」
地元愛知の元祖ギャルファー&好調二人の共演【きょうの注目組】
三ヶ島かなからの“挑戦状”? 「ヒミツ」のパター練習法、ポイントはどこ?【きょうの“パンチショット”】
田村、35人抜きで3位浮上!この日ベスト(66)「大変良くできました」/国内シニア
渋野日向子、攻めて8位発進!ミス笑い飛ばしのびのびプレー「らしさ100点」/国内女子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加