長谷川博己がテロリストに立ち向かう! 高嶋哲夫著『都庁爆破!』ドラマ化

長谷川博己がテロリストに立ち向かう! 高嶋哲夫著『都庁爆破!』ドラマ化

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/13
No image

俳優の長谷川博己が、東京でのテロ発生の恐怖と家族の絆を描くTBS系新春ドラマスペシャル『都庁爆破!』(2018年1月2日21:00~)で主演を務めることがこのほど、わかった。長谷川のほか、吉川晃司、渡部篤郎、寺島しのぶ、リリー・フランキーが出演する。

津波や原発による現代日本のパニックをこれらが起こる前から小説で訴えてきた作家・高嶋哲夫氏が2001年に発表した同名小説が原作。都庁が爆破されてテロリストに占拠され、家族を人質にされた一人の男が、妻と娘を助けるためにテロリストたちに立ち向かい、"家族の絆"を取り戻すために奮闘する姿を描く。

テロリストたちに人質にされてしまった妻と娘を救うため爆破された都庁に潜入する本郷裕二役に長谷川博己、米国国防総省の担当情報次官で、ある思惑から友人である本郷と行動を共にするケイン高村役に吉川晃司、日本を翻弄するテロ集団の中心となるテロリスト・エム役に渡部篤郎。また、首都東京の顔、東京都知事・大池由紀子役に寺島しのぶ、大池都知事と対立する内閣総理大臣・御園朔太郎役にリリー・フランキーが決定した。

長谷川は「PKO活動中に起きた事故により心に傷を負い、本来の職務から離れた元自衛官の役です。虚無感に苛まれた本郷が、東京で起きたテロにより、家族や人、そして国家に対する思いがどの様に変化していくのか、役を通して私自身も体験していきたいと思います」とコメント。「目を背けたくなる現実を前にした時、人々はどういう選択をするのか? 決して他人事ではないこの悪夢は、視聴者の皆様にも問いかける作品になるのでは」と語る。

また、吉川は「長谷川くんはドラマで一緒になったことがあるのですが、芝居はそんなに絡みがなくて。けれど共通の知り合いがいるので、以前から知っているんです。彼の持っている色はちょっとアーティスティック。カッコイイヤツだなあと思ってたので、今回一緒にやれるのが楽しみです」と長谷川との共演に期待。渡部は「実際にはあってはならない事ですが、エンターテインメントとして、見ごたえのある作品にしたいと思います」と話している。

なお、1,000人規模のエキストラが参加するロケーションも予定されており、パニックに陥る東京をよりリアルに描いていく。

リリー・フランキー写真(C)HIROSHI NOMURA

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『ドクターX』大門未知子の“新設定”に「後づけにもほどがある」「何でもあり?」とツッコミ続出
仲里依紗、再び"不倫される妻"役「グサッときました(笑)」
『スッキリ』加藤浩次も「なんだよ、それ」とブチ切れ!? 民放が元SMAP退所組を“徹底排除”
小出恵介の代役は玉山鉄二 さんま役に起用へ
井上真央ドラマ視聴率5%割れで打ち切り危機!「良い作品なのに」と擁護の声多数
  • このエントリーをはてなブックマークに追加