GitHub、AtomにIDEの機能を追加する「Atom-IDE」公開

GitHub、AtomにIDEの機能を追加する「Atom-IDE」公開

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/09/15
No image

GitHubは9月12日(米国時間)、「Introducing Atom-IDE · GitHub」において、Facebookとの協力の下、コードエディタ「Atom」に統合開発環境(IDE)が実現しているような機能を導入するためのオプションパッケージ「Atom-IDE」を発表した。今回発表されたバージョンではコンテキストを考慮した自動補完機能に加え、ナビゲーション機能、アウトラインビュー機能、フォーマット機能などが実装されている。

Atom-IDEにはC#、Flow、Java、JavaScript、PHP、TypeScriptなどのパッケージが含まれている。サポートするプログラミング言語は今後、コミュニティからのフィードバックなどを得て随時広げていくとしている。

Githubは、Atom Beta 1.21の利用を推奨している。「Atom-IDE」をインストールするには、まずAtomからatom-ide-uiパッケージをインストール。次に、利用したいプログラミング言語に合わせてide-typescript、ide-flowtype、ide-csharp、ide-java、ide-phpなどをインストールする仕組みになっている。

Atomは人気の高いモダンエディタの1つ。Electron技術で開発されており、Windows、macOS、Linuxなど複数のプラットフォームに対応している。モダンエディタが備えている機能は一通りカバーしており、パッケージをインストールすることで機能拡張が可能。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
サンワサプライ、機内持ち込み可能サイズで耐水加工の「ビジネスキャリー」2タイプ
Googleお役立ちテクニック - Inbox by Googleを使う
コスパも音質も重視した、鉄板ヘッドフォンはこれだ!
いざという時に使えないAEDをなくせ!人の命をIoTで救う努力が始まった
宿泊予約サイト「Booking.com」はユーザーを操っているとする指摘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加