元J選手も多数搭乗。ブラジル1部クラブ選手ら乗せた飛行機の墜落事故

元J選手も多数搭乗。ブラジル1部クラブ選手ら乗せた飛行機の墜落事故

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/11/29
No image

シャペコエンセの選手たち【写真:Getty Images】

現地時間28日夜、ブラジル1部シャペコエンセの選手たちを乗せた飛行機が墜落した。コロンビア紙『エル・ティエンポ』が、この遠征に帯同していたメンバーを伝えている。

報道によると、この遠征には22人の選手が帯同していた。その中で過去にJリーグでプレーしていたのは、元京都のチアゴ、元柏のクレーベル・サンタナ、元C大阪・元千葉のケンペス、元川崎Fのアルトゥール・マイアだ。さらに、チームを率いるカイオ・ジュニオール監督も元神戸である。

元福岡のケンペスは、同クラブに在籍しているが帯同していなかった模様。また、元札幌のラファエル・バストスはすでに同クラブには在籍しておらず、UAEのクラブへ移籍している。

現地ラジオの情報によると、現時点で6人の生存者が確認されているとのことだが、まだ氏名は伝えられていない。

シャペコエンセ一行は水曜日にコパスダメリカーナ決勝でアトレチコ・ナシオナルと対戦するため、コロンビアのメデジンへ向かっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ラウドルップの英クラブ解任は”汚職疑惑”によるものだったと暴露
リバプール 技術で逆転負け
墜落事故生存者「死にたい」
CS決勝の判定で物議...家本政明主審がSNS閉鎖「これまで多々我慢してきましたが...」
本田が作り出した“混乱”。勝利のミラン、強さの秘密はセットプレーにあり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加