最新ランキングをチェックしよう
「僕の代わりに、浅見を事件の終息へと導いて」内田康夫さんが休筆発表 「孤道」完結編は一般公募へ

「僕の代わりに、浅見を事件の終息へと導いて」内田康夫さんが休筆発表 「孤道」完結編は一般公募へ

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/03/21

「浅見光彦シリーズ」などで知られる作家の内田康夫さんが、“小説を書き続けることが難しくなった”として、休筆を発表しました。
 現在82歳の内田さんは、1980年に自費出版した「死者の木霊」が朝日新聞の読書欄で紹介され話題となり、1982年に「後鳥羽伝説殺人事件」で商業デビュー。多くのミステリー作品の中でも、「後鳥羽伝説殺人事件」にも登場したフリーのルポライター、浅見光彦を主人公とする「浅見光彦シリ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高畑淳子 初めて語った怒りの胸中「裕太の人生が台無しよ!」
橋本マナミが見せた“オヤジ転がしテク”に膝を打つOL続出
菊川怜、総資産200億円「クックパッド」元社長と電撃婚!
楽しんごが22キロ激太りで84キロに 「しくじり先生」も出演お流れ
広瀬すずの「裏の顔」を現場スタッフが暴露!干される可能性も?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加