宮原3―3跳べた!SP不発一転 平昌“大本命”が復活兆し

宮原3―3跳べた!SP不発一転 平昌“大本命”が復活兆し

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

◇フィギュアスケート・グランプリシリーズ第4戦NHK杯第2日(2017年11月11日 大阪市中央体育館)

No image

華麗な演技を披露する宮原知子

故障から11カ月ぶり出場の宮原知子(19=関大)がショートプログラムと同じくフリーも6位(126・75点)で、合計191・80点で日本人最上位の5位となった。回転不足となったとはいえ、SPでは不発だった3―3回転の連続ジャンプも着氷。五輪代表争いが熾烈(しれつ)となる中で“大本命”の完全復活が近づいている。

半歩前進だ。宮原はルッツ―トーループの3回転連続ジャンプを着氷した。回転不足と認定されたが、SPは同じジャンプのトーループが2回転だった。完璧ではなくとも、前に進んだ。

「降りられたのは本当に久しぶり。公式練習で曲をかけた時は跳べていなかった。凄くうれしかった」

左股関節の疲労骨折に端を発した相次ぐ故障で、昨年12月全日本選手権以来、11カ月ぶりの実戦。「去年までと比べるとまだ」と本格的な練習を積めていない。3回転ジャンプが2本も2回転になったのも調整不足の表れ。だが、ミスも想定内だった。

「今の段階ではまずまずのことができた」

故障を経て、競技へのアプローチが変わった。浜田美栄コーチが説明する。「意見を自分で言うようになった。コスチュームも自分でデザインをしていた」。おとなしい性格が、8月からブログを開設。この日午前の練習後は、報道陣にガッツポーズでおどけてみせた。自分を売り出す意識も芽生えている。

次戦は24日からのスケートアメリカ。五輪代表の2枠を巡る争いは混とんとしているが、最終選考となる全日本選手権に向けて上昇の手応えを感じている。「体力を戻して調子を上げる必要がある」。NHK杯で日本女子が表彰台を逃したのは00年大会以来、17年ぶりという日。だが、誰もが待ち望んだ日本女子のエースの完全復活がそう遠くはないことを教えてくれた日でもあった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
紀平、充実首位 フリーのトリプルアクセルは「安全に」1本勝負 女子ジュニア
宇野昌磨が改めて気づいた、羽生結弦への強い気持ち
プルシェンコ氏、羽生結弦選手へエール 「4回転、無理してする必要ない。でも...」
羽生結弦を「ケガ欠場」まで追い詰めたメディアの罪
三原舞依「何で会えないかな...」振付師“行方不明”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加