双日「PolarisGate」と「クラウド会計ソフト freee」がデータ連携

双日「PolarisGate」と「クラウド会計ソフト freee」がデータ連携

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

双日システムズは10月19日、ノンコーディングEAI(Enterprise Application Integration)クラウドサービス「PolarisGate」が、freeeの提供する「クラウド会計ソフト freee」とのデータ連携に対応したと発表した。

No image

「PolarisGate」概要

PolarisGateは、ERPやCRMなどの各種アプリケーションとの連携モジュールが標準装備されたEAIクラウドサービス。データ連携に関するプログラム開発がノンコーディングで行えるほか、クラウドサービス化することで基盤の選定や構築が不要になるという。

今回の連携により、freeeで管理しているマスタデータを、CRMやSFAなどのシステムや顧客データベースに自動連携できるようになる。PolarisGateの設定により5分ごと、10分ごとといった一定間隔での連携や、日に1回、月に1回といったバッチ連携が可能。データは自動連携なので、操作誤り、漏れ、担当者によるデータの不正改ざんなどを防止する。

また、PolarisGateが既に対応するサイボウズの「kintone」とfreeeの連携も実現可能となるため、例えば、受注までをkintoneで管理し、会計はfreeeで管理するような用途も可能だという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ちょっと嬉しいiPhoneの裏技3種!
トヨタ製カーナビアプリが無料公開。使い勝手どう?
次期iPhoneは見た目の変化なし?怪しい副業広告に登録してみた結果...など今週の話題を一気読みッ
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」
業務の効率化に貢献!?オフィスの個室トイレの空き状況が確認できるアプリ『Toilet IoT』

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加