ファンなら知っている食べ方を商品化 お湯かけてもおいしい「じゃが湯りこ」

ファンなら知っている食べ方を商品化 お湯かけてもおいしい「じゃが湯りこ」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2019/10/15

「スナック菓子『じゃがりこ』に湯をかけてポテトサラダにする」――。消費者の間では、何年も前から行われてきた食べ方だ。

No image

販売元のカルビー(東京都千代田区)はこれを商品化し、じゃがりことしても、ポテトサラダとしても楽しめる「じゃが湯りこ」を、2019年10月21日から首都圏エリアのコンビニエンスストア先行で順次発売する。

ベーコン、オニオン、スイートコーン追加でコクアップ

「じゃが湯りこ」は、直接湯を注げるようにカップが耐熱性になっており、スティックは湯を入れた後に混ぜやすいよう通常の3分の2の長さだ。

取材に答えたカルビーの広報担当者によると、熱湯を注いで3分待つと、サクサクした歯ごたえも残したままポテトサラダにできる。

通常のじゃがりこは20回程度の試作で完成するが、「じゃが湯りこ」は約70回の試作を繰り返し、具の種類や量を調整したという。生地に通常の「サラダ味」にも練りこまれているニンジン、パセリに、ベーコン、オニオン、スイートコーンを加えることで、そのまま食べても、ポテトサラダにしてもコクのある味わいを楽しめるようになっているそうだ。

価格はオープン。想定価格は税込み170円前後。<J-CASTトレンド>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

新製品カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コメダ珈琲店「シロノワールプリン」がついに明日発売
この秋発売!話題沸騰中の「コンビニスイーツ」2選
セブン今週の新商品6選!とうもろこしのおむすびやなると金時のお団子など登場☆
ミルクチョコレート11種類を徹底比較!甘さ&ミルク感が強いのはどれ?
新作のハーゲンダッツアイスを食べ比べ - 一番完成度が高いのは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加