リバプールに「新ワンダーボーイ」現わる! オーウェンの最年少得点記録を塗り替えたウッドバーンとは何者か?

リバプールに「新ワンダーボーイ」現わる! オーウェンの最年少得点記録を塗り替えたウッドバーンとは何者か?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2016/12/01
No image

現在主戦場のリバプールU-23では、10試合で5得点・5アシストをマーク。飛ぶ鳥を落とす勢いのウッドバーンから目が離せない。(C)Getty Images

11月29日のリバプール対リーズ戦(リーグカップ準々決勝)でマン・オブ・ザ・マッチに輝いたのは、リバプールの17歳だった。

若武者の名前は、ベン・ウッドバーン。67分にケビン・スチュワートに代わって途中出場すると、1-0とリバプールのリードで迎えた81分にサポーターを沸かせる。

ペナルティーエリア内で待ち構えていたウッドバーンは、ジョルジニオ・ヴァイナルダムのパスにタイミングを合わせて右足を一閃。豪快にネットに突き刺さった。

17歳45日で奪ったこのゴールはクラブ史上最年少弾。1997年に打ち立てたマイケル・オーウェンの記録(17歳143日)を、19年ぶりに塗り替えたのだ。

「僕の記録が破られたね! おめでとう、ベン・ウッドバーン。17歳と45日はリバプールの新たな最年少レコードだ」

オーウェンからそう祝福されたウッドバーンは、7歳の時にリバプールのアカデミーに入団。15歳でU-18チーム入りを果たすと、FAユースカップ(FAカップのU-18版)などで堂々たるプレーを披露。そうした活躍ぶりがユルゲン・クロップ監督の目に留まり、今夏のプレシーズンのメンバーに選ばれた。

そのプレシーズンでは、持ち前のシュートセンスとスピードを存分に発揮して2試合連続ゴールをマーク。また、積極的に守備にも奔走するなど、運動量の豊富さも高く評価された。

代表チームは出生地のイングランドではなく、母方の祖父のルーツであるウェールズを選択している。現在はU-19代表の主力として活躍中だ。

前述のリーグカップの3日前には、プレミアリーグ・デビューも飾っているウッドバーン。サポーターから「新たなワンダーボーイ」と称されるこのティーンエージャーは、はたしてオーウェンのような偉大なストライカーになれるだろうか。名伯楽クロップの下で、さらなる飛躍を遂げることを期待したい。

文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クラシコ MSNオール8点
金森さらばアビスパ福岡 J1王者鹿島へ フル代表目指し苦渋の決断
【真似しちゃダメ!】22人全員が泥酔してサッカーをする、ある検証ビデオが話題に
シャペコエンセ、墜落事故の犠牲者に本拠地で最後の別れ
CS決勝の判定で物議...家本政明主審がSNS閉鎖「これまで多々我慢してきましたが...」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加