配偶者控除 “3段階に分け減額”で了承

配偶者控除 “3段階に分け減額”で了承

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/02
No image

自民党の税制調査会は、所得税の配偶者控除の見直しについて、主に夫となる世帯主の年間の給与収入を3つの段階に分けて、控除の額を少しずつ減らす方針を了承した。公明党も了承する見込み。

政府・与党はパートの主婦らが働く時間を延ばしやすくするため、配偶者控除の対象となる妻などの年収を現在の103万円以下から150万円以下に引き上げる方針。

1日に開かれた自民党の税制調査会では、控除を受ける夫などの年収が1120万円を超えた場合、現在、38万円の控除額を26万円とし、1170万円を超えると控除額を13万円に減らす案が了承された。

さらに、夫などの年間の収入が1220万円を超えると、控除は受けられなくなる。このように段階的に控除額を減らすのは、世帯の税負担が急に増えるのを避けるのがねらい。

公明党も、この案で了承する見込みで、政府・与党は今月8日にまとめる来年度の税制改正大綱に盛り込み、再来年1月から実施する方針。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
安倍首相真珠湾「慰霊」を批判する人たち 「広島原爆投下と同列でない」
【党首討論】民進党の蓮舫代表の質問は間違いだらけ...「息をするようにウソをつく」安倍晋三首相批判は空回り
「おまいう大賞」金賞の蓮舫代表が党首討論 安倍総理に「息をするようにウソをつく」などの発言が話題に
「大きな黒い頭の鼠」が巣食っていた東京都
【党首討論】民進党が「裏実況」で討論をナマ解説 首相答弁「時間潰しですね」と批判 蓮舫代表の質問に「メリハリを...」とダメ出しも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加