ネイマール獲得のPSG、FFP回避に向けて驚きの秘策!? 主力級5人の売却を計画か

ネイマール獲得のPSG、FFP回避に向けて驚きの秘策!? 主力級5人の売却を計画か

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/09/17
No image

PSGに所属するアンヘル・ディ・マリア【写真:Getty Images】

パリ・サンジェルマン(PSG)がファイナンシャルフェアプレー(FFP)違反の制裁回避に向けて、来年1月の移籍市場で5人の選手売却を計画しているようだ。16日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

今夏の移籍市場でPSGはバルセロナからブラジル代表FWネイマールを契約解除金2億2000万ユーロ(約290億円)支払って獲得し、モナコからは1億8000万ユーロ(約232億円)の買い取りオプション付きレンタルでフランス代表FWキリアン・ムバッペを獲得した。

あまりにも巨額な資金を投資したことから、FFP違反の可能性があると見て欧州サッカー連盟(UEFA)が調査に乗り出している。ただ、PSG側にはFFP違反の制裁回避に向けて秘策を準備しているようだ。

同メディアによると、来年1月の移籍市場でアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー、ブラジル代表MFルーカス・モウラ、アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ、ドイツ代表GKケビン・トラップの5人の売却を計画しているとのこと。どの選手も主力級の選手であるだけに高く売却することは可能だろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ペップ・シティ、2季目で明確なスケールアップ。ここ3試合で16得点0失点、死角はあるのか
時代は厚底!即完シューズ『ナイキ ズームフライ』なら自己記録を更新できる!?
“黄金の左足”は健在! 英雄ギグスの豪快ボレー弾を英紙絶賛「現役時代がフラッシュバック」
「オカザキに自由を奪われたんだ」 リバプール守護神が強く主張する“ふたつの誤審”
酒井宏樹の評価が急上昇! 「鋭く、豪快で、美しい」とベスト11選出の全国紙が絶賛!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加