クロード・モネの作品が史上最高額の121億円で落札

クロード・モネの作品が史上最高額の121億円で落札

  • らばQ
  • 更新日:2019/05/18
No image

フランス印象派の画家として知られるクロード・モネの作品が5月14日に競売にかけられました。

モネの作品としては最高額となる1億1070万ドル(約121億円)で落札されたとのことです。

No image

競売にかけられたのは、連作である「積みわら」“Meule”の1作品。

モネは1890年代にフランスの自宅で「積みわら」を25作品描いており、このシリーズが競売にかけられたのは1986年以来とのこと。

他の「積みわら」は以下よりどうぞ。

No image
No image
No image
No image
No image

(クロード・モネ - Wikipedia)

美術オークション史上においてもTOP10に入る額だそうですが、1986年に落札された作品はたった250万ドルだったそうです。

この数十年で美術品がいかに高騰したのかわかりますね。

【クロード・モネの作品が史上最高額の121億円で落札】を全て見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
かつては駄作と評価!?ドキュメンタリーが解き明かす『ロボコップ』監督の問題作!
カンヌ映画祭、世界で唯一の異例対応 なぜ
5月21日の注目映画第1位は『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』
「名探偵ピカチュウ」応援上映が決定!林原めぐみ、三木眞一郎、犬山イヌコら登壇
竹内涼真、藤原竜也は「頼りになるお兄ちゃん」オフショット公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加