清水 元日本代表DF市川大祐氏の引退試合を来年1月に開催

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/06

J1清水は6日、元日本代表DFで、昨季限りで現役を引退した市川大祐氏(37=現普及部コーチ)の功績を称え、来年1月8日に引退試合を開催すると発表した。引退試合はIAIスタジアム日本平(アイスタ)で行われ、キックオフ時間は午後1時。

静岡県出身の市川氏は1998年4月1日の親善試合・韓国戦で、史上最年少の「17歳322日」で日本代表デビュー。同年のワールドカップ(W杯)フランス大会では当時の岡田武史監督の判断でFW三浦知良、MF北沢豪とともに直前に代表から漏れたが、2002年日韓大会ではベスト16進出に貢献。1次リーグ・チュニジア戦に途中出場し、MF中田英寿の追加点をアシストした。

クラブでは清水で13シーズンに渡ってプレーし、その後J1甲府、J2水戸、JFL、J3の藤枝、四国リーグのFC今治に所属。昨季はJFLのヴァンラーレ八戸に加入したが、昨季限りで現役を引退した。リーグ戦の通算成績はJ1が347試合12得点、J2が32試合1得点、J3が6試合0得点、JFLは26試合2得点。日本代表としては国際Aマッチ10試合に出場(0得点)しており、5日のJリーグアウォーズではJリーグ功労選手賞を受賞した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東京国際大の10番MF安東は1得点も悔しい白星。「誰が見ていてもちょっと違うな」というプレーを
初ゴールを渇望する阿部、小林悠のゴールに「触ったろかなと思った」
強い相手を倒して上へ。野心的な初出場校、東京国際大が初陣白星
[MOM497]東京国際大DF楠本卓海(4年)_山口加入発表された記念日に完封勝利!
[MOM495]九州産業大MF関恭範(4年)_「アシスト意識」の10番が価値ある決勝点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加