“デンチャレ”は注目選手多数出場...東京五輪に繋がるスターを見逃すな!

“デンチャレ”は注目選手多数出場...東京五輪に繋がるスターを見逃すな!

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/02/15
No image

2月16日(金)から3日間にわたって『第32回デンソーカップチャレンジサッカー 熊本大会』が開催される。この『デンソーカップチャレンジサッカー』は、いうなれば大学サッカーのオールスター戦のようなもの。各地域の大学サッカーを代表する実力派が一堂に会するので、注目選手を一度に見ることができる。

なかでも注目選手の宝庫ともいえるのが、全日本大学選抜と関東選抜Aだ。全日本大学選抜は2019年のユニバーシアード大会出場を想定しているため、メンバーは1、2年生のみ。つまりそれは、そのまま”東京五輪世代”ともかぶる。GKのオビ・パウエルオビンナ(流通経済大・2年)と阿部航斗(筑波大・2年)、そしてFWの旗手怜央(順天堂大・2年)はともにU-20代表やU-21代表、森保一監督が率いる東京五輪日本代表候補に招集された経験をもつ。同じく”森保ジャパン”招集組のMF三笘薫(筑波大・2年)、FW上田綺世(法政大・1年)が怪我で辞退となったのは残念なところだが、一昨年度の高校選抜メンバーのMF鳥海芳樹(桐蔭横浜大)やDF三国スティビアエブス(順天堂大)など1年生の活躍も期待したいところ。

今大会は全日本大学選抜が1、2年のみの構成となったため、昨年のユニバーシアード大会優勝メンバーは各地域選抜として戦うことになる。その多くが所属しているのが関東選抜Aだ。GK小島亨介(早稲田大・3年)、DF小池裕太(流通経済大・3年)、DF岩武克弥(明治大・3年)、MF名古新太郎(順天堂大・3年)といった”世界一”を知るメンバーが、今度はデンソーカップチャレンジサッカーで優勝を狙う。また昨年天皇杯でJクラブを次々と撃破した筑波大のDF小笠原佳祐、DF鈴木大誠、DF会津雄生、MF鈴木徳真、MF西澤健太(すべて3年)が中核を担うなど、隙のない構成となっている。メンバー全員が所属大学では中心選手で、まさに「オールスター」といえる豪華さだ。

もちろん、その他の選抜チームにも注目選手は多数。北海道・東北選抜は仙台大の1年生トリオに期待がかる。GK井岡海都、MF嵯峨理久、FW人見大地は高校時代にも注目されていた選手。大学での成長を、この機会にチェックしてほしい。3年生が中心の関東選抜Aに対し、関東B・北信越選抜は攻撃陣の2年生の活躍が見どころのひとつだ。MFイサカ・ゼイン(桐蔭横浜大)、FW高橋潤哉(駒澤大)、MF氣田亮真(専修大)、MF金子拓郎(日本大)、FW加藤陸次樹(中央大)は選抜ならではの思い切りのいいプレーでゴールを狙ってくれるだろう。東海選抜のMF渡邉柊斗(東海学園大・3年)は、すでに2019年の名古屋入りが発表されている、技術の確かなレフティー。東海リーグ得点ランク2位のFW遠山拓民(静岡産業大・3年)の得点力、そして先ごろU-19日本代表に選出されたDF安藤智哉(愛知学院大・1年)のプレーにも注目したい。

関西では昨年のユニバーシアード代表メンバーのDF菊池流帆(大阪体育大・3年)、昨季リーグ戦得点王のFW中野克哉(関西学院大・3年)に要注目。また今大会登録選手のなかでもっとも高い、195センチのFW和田健太郎(京都産業大・3年)には迫力のある空中戦が展開されそうだ。中国・四国選抜でチェックしておきたいのは、FW崎山誉斗(福岡大)、FW佐々木敦河(IPU・環太平洋大)の1年生トップコンビ。ともに大学では1年次からレギュラーとして活躍。初のデンソーカップチャレンジサッカーでどこまで飛躍できるか、期待がかかる。九州選抜では、リーグ得点王のFW儀保幸英(沖縄国際大・3年)の名前を覚えておきたい。一昨年は2部、そして昨年は昇格して1部と2年連続で九州リーグの得点王になった。本大会には3年連続で選出されており、昨年は1ゴールをあげているが、今大会はさらなる爆発が見られそうだ。

また、所属大学の違う元チームメイトが、再び同じチームでプレーするのもデンチャレならではの楽しみだ。たとえば、関東Aでは鈴木徳真(筑波大・3年)と坂元達裕(東洋大・3年)の前橋育英高校コンビ、小笠原佳祐(筑波大・3年)と中村健人(明治大・2年)の東福岡高校の先輩後輩コンビ。関東B・北信越選抜の浦上仁騎(東洋大・3年)、小野雅史(明治大・3年)の大宮アルディージャユースコンビ。関西選抜では高尾瑠(関西学院大・3年)と吹ヶ徳喜(阪南大・2年)の名古屋U18出身コンビなどなど……。これはほんの一例。ふだんは各地域でライバルとして戦っている選手たちが、本大会で再び、チームメイトとしてプレーをする。

もちろん、同門対決も見逃せない。1回戦の関東B・北信越対東海選抜の試合では、甲府U-18出身のDF小林岩魚(専修大・3年)とFW遠山拓民(静岡産業大・3年)が対戦。ポジション的にもマッチアップする可能性は高いだろう。関西選抜対北海道・東北の試合では、ともに青森山田高校出身のDF菊池流帆(大阪体育大・3年)とMF嵯峨理久(仙台大・1年)が、また関東選抜A対中国・四国選抜でも、MF山下優人(桐蔭横浜大・3年)とDF平松遼太郎(IPU・環太平洋大学・3年)の青森山田高校対決が見られる可能性も。

大学の全国大会としては、唯一の地域対抗戦である『デンチャレ』。大学同士の対戦となる、ほかの大会とは違うおもしろさ、意外な発見のある大会だ。大学サッカーの精鋭たちが集うこの大会に、ぜひ注目してほしい。

●{{第32回デンソーカップチャレンジサッカー熊本大会特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
市川美余氏も大喜び カーリング女子の劇的勝利に「思わず叫んでしまいました!」
平昌メダリスト支える味の素“お母さん食堂”の秘密メニュー
カーリング女子 日本初の準決勝 メダル獲得へ
サガン鳥栖 田川亨介 東京世代とのWエースへ
五輪・日本代表コーチ、タコやイカが苦手でもガマン...『監督メシ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加