アグエロの519日ぶり弾が決勝点に...アルゼンチンがW杯決勝の地でロシアに辛勝

アグエロの519日ぶり弾が決勝点に...アルゼンチンがW杯決勝の地でロシアに辛勝

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/12
No image

国際親善試合が11日に行われ、アルゼンチン代表がW杯開催国のロシア代表を1-0で下した。14日にはナイジェリア代表と対戦する。

ロシアW杯の開幕戦および決勝の地、ルジニキ・スタジアムで開催された一戦に、アルゼンチンはFWリオネル・メッシやFWセルヒオ・アグエロ、FWアンヘル・ディ・マリアらが先発。開始から圧倒的な攻撃力でロシアゴールに迫ったが、最後のところで精度を欠き、前半はスコアレスに終わった。

後半も終始アルゼンチンのペースで試合は進んだが、決勝点は終了間際に生まれた。41分、メッシのスルーパスでPA右へ抜け出したFWクリスティアン・パボンが中央へ折り返し、アグエロが右足で合わせる。これは相手DFのブロックに阻まれたが、こぼれ球をアグエロ自ら押し込み、先制点。アルゼンチンが1-0で辛くも勝利をつかんだ。

なお、アグエロの代表戦でのゴールは、2016年6月10日に行われたコパ・アメリカ、パナマ戦以来519日ぶりとなった。

●2018W杯ロシア大会特集ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ネイマール”夜遊び批判”に確執も噂されたPSG監督が擁護 「彼も友だちと楽しんでいい」
アマチュアスポーツのチーム管理アプリ「TeamHub」が1億円調達、11月から野球にも対応
10歳ボールボーイに暴行の衝撃...乱闘勃発 世界で波紋「醜悪」「言い訳無用のタックル」
マンCの至宝フォデンに絶賛の嵐! 「彼を育てた全ての人間が称賛に値」「間違いなく一流になる」
欧州年間ベストイレブン、50名の候補選手発表。CL連覇のレアルから最多11人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加