【報ステ】きょうから春節“爆買い”が消えた理由

【報ステ】きょうから春節“爆買い”が消えた理由

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/16
No image

動画を見る(元記事へ)

中国や台湾などの旧正月「春節」の大型連休が15日始まった。多くの中国人観光客が日本を訪れるが、かつて銀座などで見られた“爆買い”は影を潜めている。今、中国ではネットショッピングが主流。この流れに合わせるように“爆買い”は2015年をピークに頭打ちだ。日本から中国向けのネットショッピング市場は、5年前から急増し、市場規模はおととし1兆円を超えた。経済産業省の試算では、2020年には2兆円に迫ると予測されている。さらに、去年12月、中国政府は関税を一斉に引き下げた。関税を下げてでも、政府の管理が行き届くように“爆買い”を抑える狙いがある。このため、広州など各地に輸入の拠点となる保税区の整備も進めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国世論が激怒? 日本の政府が平昌五輪前に作った「韓国生活ガイド」を見てみよう=中国メディア
中国で「仏系青年」が増加中、由来は日本の「仏男子」だが実態は...―華字メディア
韓国で宅配ピザを注文した外国人記者がびっくり「なぜこんな写真が?」=韓国ネット「誤解して当然」「最低限のマナーは守って...」
韓国大統領府「西村氏発言は事実に反する」=韓国ネット「ニュアンスの違いはあっても事実だと思う」「会談内容を公開して」
<平昌五輪>日本メディアの通訳の韓国人男性死亡、メディア村で―中国メディア

中国・韓国・アジアのランキング

最近人気のあったニュース

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加