シリアのイドリブ県、ISから解放 戦闘員ら投降

シリアのイドリブ県、ISから解放 戦闘員ら投降

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/02/14
No image

シリア北西部イドリブ県の位置。

【AFP=時事】シリア北西部イドリブ県が13日、イスラム過激派組織「イスラム国」から完全に解放された。同県に逃げ込んでいたISの残党が掃討作戦中の反体制派組織に投降した。この組織の広報担当者と、在英非政府組織(NGO)「シリア人権監視団」が明らかにした。

反体制派組織ジャイシュ・アルナスルの広報担当者は、IS戦闘員とその親族、負傷者ら約400人が反体制派連合に投降したと述べた。投降した戦闘員らは、ISが地域に潜伏工作員を残していないかを確かめるため尋問にかけられるほか、「特別法廷」で裁かれるという。

ISはかつて、ハマ、ホムス、アレッポ各県の一部と、ラッカ県の大部分を含むシリア北・中部の広い範囲を掌握していた。その後、昨年に要所での敗退を繰り返した末に、戦闘員数百人がハマ、イドリブ、アレッポの3県が接する狭い地域に逃げ込んでいた。

シリア人権監視団のラミ・アブドル・ラフマン代表は、これら3県はIS戦闘員から完全解放されたと説明した。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エジプト考古学博物館、「叫ぶミイラ」公開 ファラオ暗殺を企てた王子
「オバマが美人だ!」「プーチンは...」大統領や首相の顔写真をアプリで女性化したら→こうなった
トロントのゲイ・コミュニティーを震撼させた連続殺人事件はなぜ止められなかったのか?
「シリコンバレーが世の終末を引き起こす」ことを「楽観主義者」のビル・ゲイツさえ危惧している
悪名高きギャングが看護師を誘拐し貧しい人々に予防接種をさせるという事件(ブラジル)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加