最多勝の東浜 2・5倍増9000万円に「最大級の評価」 故郷・沖縄へのがい旋試合も直訴

最多勝の東浜 2・5倍増9000万円に「最大級の評価」 故郷・沖縄へのがい旋試合も直訴

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/06

今季最多勝のタイトルを獲得したソフトバンク・東浜巨投手(27)は6日、ヤフオクドームの球団事務所で交渉し、今季の年俸3600万円から5400万円増の9000万円で契約を更改した。

No image

契約を更改し笑顔で会見する東浜

「今より2・5倍くらいです。最大級の評価をしてもらった」

12年のドラフト1位で入団し、即戦力の期待がかけられたが、3年間でわずか6勝止まり。ただ、昨季は9勝でブレークすると24試合に先発し、16勝5敗、防御率2・64とローテーションの柱へと一気に成長を遂げた。

結果を残したからこそ、言えることがある。「入団した時からの思いはあった。結果を残していないので言えませんでしたけど、来季は沖縄で試合(18年6月23、24日、対日本ハム、沖縄セルラースタジアム那覇)がある。ホークスがホームゲームでやって欲しいと伝えました。検討すると言ってもらえた。期待したい」。トレーニング室の滑りやすい床、風呂場の衛生環境と一緒に悲願だった故郷・沖縄へのがい旋試合を球団に直訴した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プロ野球「コーチの移籍ラッシュ」の裏側
契約金2千万円が実は300万円。GG佐藤が明かす「プロ野球とお金」
ドラ1中村奨成、ユニホームに「早く袖を通したい」 入団会見前日
「藤浪晋太郎がトレード要員」って本当?
元SMAP中居の成功のウラにサッチー夫のベストセラー本
  • このエントリーをはてなブックマークに追加