サファロバらシード勢が4強

サファロバらシード勢が4強

  • tennis365
  • 更新日:2017/09/16
No image

全米オープン時のサファロバ : 画像提供 ゲッティイメージズ

女子テニスのクープ・バンク・ナショナル(カナダ/ケベックシティ、カーペット、WTAインターナショナル)は15日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのL・サファロバ(チェコ共和国)L・フラデカ(チェコ共和国)を6-4, 7-5のストレートで下し、2年連続のベスト4進出を果たした。

>>マクラクラン/ 内山組 1ポイント速報<<

この日、5本のサービスエースを放ったサファロバは、3度のブレークに成功して1時間22分で勝利を手にした。

準決勝では、第3シードのT・バボス(ハンガリー)と対戦する。バボスは、準々決勝で世界ランク122位のF・アバンダ(カナダ)をストレートで破っての勝ち上がり。

30歳のサファロバは今季、ハンガリアン・女子オープン(ハンガリー/ブダペスト、ハード、WTAインターナショナル)で準優勝を飾り、その他ツアー3大会でベスト4に進出。

全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では、3年ぶりの4回戦進出を果たした。

また、同日には第4シードのT・マリア(ドイツ)、第7シードのA・ヴァン=ウィットバンク(ベルギー)も順当に準決勝へ駒を進めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界女王の奥原が準決勝進出、バドミントン・ジャパンOP
ムグルッサ、ウォズニアッキら4強が出揃う [東レPPO]
2013年覇者のジャン・シューアイとクルニッチが決勝進出 [広州国際女子オープン]
欧州チームが初日リード、ダブルス出場のナダルは惜敗 レーバー杯
ペールがマッチポイントをしのいでゴファンを下す [モゼーユ・オープン]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加