広島がサヨナラ負け マジック再点灯ならず...中日・大島がサヨナラ打

広島がサヨナラ負け マジック再点灯ならず...中日・大島がサヨナラ打

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15
No image

9回中日、大島にサヨナラ打を打たれ、ベンチに下がる広島・今村(中央)と新井貴浩(左奥)=ナゴヤドーム(撮影・吉澤敬太)

「中日6-5広島」(10日、ナゴヤドーム)

中日が5度目のサヨナラ勝ちで1分けを挟んで3連勝を飾った。

同点の九回、代打谷の左中間二塁打と犠打で1死三塁から大島の中前適時打で試合を決めた。

先発八木が2回5失点で降板したが、五回までに同点に追いついた。九回無死一、二塁のピンチをしのいだ田島が2勝目。

広島は初回、エルドレッド、新井の連続適時打、二回には鈴木の24号3ランで八木を攻略したが、三回以降得点を挙げることができなかった。阪神が負けたため勝てばマジック再点灯していたが、連敗を喫した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
甲子園に衝撃を与えた阪口皓亮(北海)。野球人生を変える58球
広島サヨナラ、阪神4連勝/20日プロ野球まとめ
緒方監督4度目サヨナラ勝ち「すごい試合」一問一答
天理、快勝も最後は冷や汗 中村監督「まさかここまで」明豊の粘りに脱帽
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加