最新ランキングをチェックしよう
プレミアリーグ、今年「無意味」に近かった10の移籍

プレミアリーグ、今年「無意味」に近かった10の移籍

  • Qoly
  • 更新日:2018/12/14

『Squawka』は9日、「今年のプレミアリーグであまり意味をなさなかった10の補強」という記事を掲載した。
このところ経済的に成長を遂げてきたプレミアリーグ。以前では考えられないような額のお金が動くようになっており、平凡な選手の価格もかなり高まっている。
2018年に行われた取引の中で、最も無意味になってしまったものとは?
10:エメルソン・パウミエリ(ローマ→チェルシー)

移籍金:1760万

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本田圭佑選手、「子供を子供扱いしない」と暴露される 幼い息子が食事をしていると...
チェルシーが「ギリで取り逃した」11名のスター選手たち
乾貴士とのポジション争いを制し...元R・マドリーの“ガラスの天才”が28歳でスペイン代表デビュー !
「アーセナルファンだった少年は...」 バイエルンDFが将来的な移籍の可能性に言及
オーストリアの18歳“エジル二世”に熱視線 大迫所属ブレーメンとインテルが争奪戦へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加