最新ランキングをチェックしよう
プレミアリーグ、今年「無意味」に近かった10の移籍

プレミアリーグ、今年「無意味」に近かった10の移籍

  • Qoly
  • 更新日:2018/12/14

『Squawka』は9日、「今年のプレミアリーグであまり意味をなさなかった10の補強」という記事を掲載した。
このところ経済的に成長を遂げてきたプレミアリーグ。以前では考えられないような額のお金が動くようになっており、平凡な選手の価格もかなり高まっている。
2018年に行われた取引の中で、最も無意味になってしまったものとは?
10:エメルソン・パウミエリ(ローマ→チェルシー)

移籍金:1760万

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
工藤静香の“渾身の絵画”にツッコミ続出「デッサン狂ってる」
韓国・文在寅政権はこれから「冤罪作戦」を仕掛けてきかねない
元世界3階級制覇王者の心が折れた瞬間 現役最後の試合前に妻を旅行に誘ったら...
こじるり“ポロリ”経験語る「片出......くらい」
日テレの障害者用トイレで性行為に及んだ宮川大輔!ピンチを救ったのは吉本興業の“静観”?【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加