モーグル堀島行真が帰国 五輪で最高難度エア並べる

モーグル堀島行真が帰国 五輪で最高難度エア並べる

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12
No image

スイス合宿から帰国した堀島行真(撮影・上田悠太)

フリースタイルスキー男子モーグルの堀島行真(19=中京大)が12日、スイス合宿から成田空港着の帰国した。

平昌五輪は「ダブルフルツイスト」と「コーク1080」と最高難度のエアを並べるプログラム構成の意向を明かし、合宿で重点的に練習した「ダブルフルツイストのランディングが決まるようになってきた」と手応えを語った。その構成はW杯歴最多勝利記録を持つミカエル・キングズベリー(カナダ)と同じになる予想される。世界選手権2冠の男は真っ向勝負で挑んでいく。

本格的な雪上練習となったスイス合宿ではキングズベリーと練習場が同じだった。「久しぶり」「いい夏過ごしたか?」などとコミュニケーションを取ったという。そして金メダルを争う最大のライバルの仕上がりを見て「スピードがすごく上がっている。その中でも安定している。レベルが1つ飛び抜けている」と驚かされた。自身のダイナミックな板の動きなど長所を生かして「越えられるようにしていきたい」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“赤点”の出来ながらもしぶとく勝利。長崎日大が接戦をものにし、3度目の選手権出場に王手
【MS&ADカップ2017 スイス女子代表戦 ハイライト】なでしこジャパン、中島依美と田中美南のゴールで強豪スイスから完封勝利
岩渕がなでしこに復帰し存在感キラリ 勝利に貢献「やることは明確だった」
埼玉・春日部市長選、8票差で決まる 現職・石川良三氏が4選
強みを出すことにこだわる時期。2発の青森山田FW中村「駿太が来てくれて良かった」と仲間が思うような結果を
  • このエントリーをはてなブックマークに追加