高谷惣亮 3年連続6度目の優勝 全日本と合わせて2冠で世界選手権切符

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/06/15

◇レスリング全日本選抜選手権第2日(2019年6月14日 東京・駒沢体育館)

男子フリースタイル86キロ級は2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ五輪74キロ級代表の高谷惣亮(30=ALSOK)が3年連続(17年は74キロ級、18年は79キロ級)6度目の優勝を飾った。決勝では昨年12月の全日本選手権で辛勝した松坂誠應(24=自衛隊体育学校)に8―0で圧勝。全日本と合わせて2冠に輝き、東京五輪出場が懸かる9月の世界選手権(カザフスタン)代表を決めた。

高谷は優勝を決めると「新ALSOK体操」のポーズを決め、さらに日向坂46のヒット曲「キュン」の振り付けまで披露。「汗もしたたるいい男ってね…余計ですね」とご機嫌でインタビューエリアに姿を見せた。決勝では開始早々、2段モーションで低いタックルに入るなど終始ペースを握り、相手には足に一度も触らせない完勝。前回苦戦した相手に「しっかり勝ちきれたのは進歩と思う。出来は90点。残り10点は伸びしろですね」と口も滑らかだった。86キロ級に上げて減量から解放され、「自分のレスリングと真摯(しんし)に向き合える。前向きな気持ちで戦える」と効果を説明した。

86キロ級では74キロ級よりも相手のスピードが落ちる分、動きがはっきり見え、カウンターも仕掛けやすいという。「もう1人の自分の目からひもが出ていて、それにつられて体が動く」と独特の表現で説明し、「86キロ級の戦い方が分かってきた」と分厚い胸を張った。5位以内でその階級の東京五輪出場枠獲得、メダル獲得で五輪代表に決まる世界選手権へ向け「ロンドン、リオとアジア予選で権利を取って代表になったけど、今回は世界選手権で取って五輪に出たい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
4階級制覇の井岡一翔、第1子は男の子 8月にも誕生
井岡「新たな歴史を残せた」=4階級制覇から一夜明け-ボクシング
偉業の井岡、汗でタトゥー浮き出るもルール上不問
4階級制覇の井岡一翔、8月にも誕生する第1子は男の子/BOX
村田諒太を迎え撃つ王者ブラントが異例の早期来日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加