シャラポワがウェスタン&サザンOP欠場表明、左前腕の負傷が癒えず

シャラポワがウェスタン&サザンOP欠場表明、左前腕の負傷が癒えず

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/08/13
No image

女子テニス、バンク・オブ・ザ・ウエスト・クラシック、シングルス1回戦。リターンを打つマリア・シャラポワ(2017年7月31日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】女子テニス、四大大会(グランドスラム)で通算5勝を挙げているマリア・シャラポワ(ロシア)が12日、左前腕の痛みを理由に、翌週に米シンシナティで開幕するウェスタン&サザンオープンを欠場すると発表した。

元世界ランク1位のシャラポワは先週、バンク・オブ・ザ・ウエスト・クラシックシングルス2回戦を棄権する原因となった同大会での故障を理由に、カナダ・トロントで開催されているロジャーズ・カップも欠場している。

2011年のウェスタン&サザンオープンで優勝しているシャラポワは11日に現地入りし、12日に大会のメディカルスタッフと協議した結果、欠場する決断を下した。

シャラポワは、「大会出場を目指してきのう(11日)シンシナティに到着しました。現地でドクターのアドバイスを聞いた結果、スタンフォード(バンク・オブ・ザ・ウエスト・クラシック)で負傷した左前腕の負傷のため、残念ながら大会を欠場することになりました。全米オープンテニスに向けた予防措置でもあります」と話している。

このけがによりシャラポワは、ニューヨークで28日に開幕する全米オープンへの出場にも暗雲が垂れ込めている。現在ランキングを大きく落としているシャラポワは、全米オープンでの本戦入りにはワイルドカード(主催者推薦)が必要になる可能性が高い。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「最高にとっぴな計画」セレーナ、出産3か月後の全豪出場目指す
“悪女”ならまだマシ! 錦織圭の彼女・観月あこがヤバいとされる理由
錦織らに続きラオニッチも欠場
ダニエル太郎 連敗脱出
全年代制覇がかかる本玉真唯と佐藤南帆が準決勝で対決へ [全日本ジュニアU18&U16女子]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加