飛行機の搭乗券に「SSSS」とプリントされたらヤバいことが起こるらしい...

飛行機の搭乗券に「SSSS」とプリントされたらヤバいことが起こるらしい...

  • ロケットニュース24
  • 更新日:2017/09/23
No image

格安航空券を購入すれば、最近はかなり費用を抑えて外国に行けてしまうこともあり、海外旅行をする人が増えたと言えるかもしれない。しかし用心しないと、空港で立ち往生してしまう可能性がある。

例えば、購入した航空券に「SSSS」とプリントされていた場合……空港でトンでもない目に遭うらしいのである!

・搭乗券に「SSSS」とプリントされたら…

英ニュースサイト『Mirror』によると、自宅のパソコンでプリントアウトした搭乗券のバーコードを空港の自動発券機で発券しようとしても、出来ないことがあるのだという。

この場合、航空券の情報に「SSSS」と記載されている可能性があり、そうなると航空会社のカウンターに直接行って手続きをしないと搭乗券を受け取れないそうだ。

・かなり厳しい検査が待っている!

「SSSS」とは、「Secondary Security Screening Selection:二次セキュリティ検査選択」の略で、この文字がプリントされた搭乗券を持っている乗客は、通常のセキュリティチェック以外の検査も受けるハメに……。

まずは別室に連れて行かれ、手荷物に入っているアイテムを一つずつ慎重に調べられ、爆発物がないかどうか厳しい検査を受けるらしい。もちろん、全身もくまなくチェックされる。

・「SSSS」に選出される搭乗者の条件は!?

そして気になるのは、どのようにして「SSSS」の乗客が選出されるかである。米国運輸保安庁から正式な理由が発表されている訳ではないらしいが、片道航空券しか持っていない搭乗者や監視リストに載っている人物、その日のチケットを現金で買った乗客が選ばれる確率が高くなるのだとか。また、無作為に選出されることもあるそうだ。

もし、搭乗券に「SSSS」とプリントされていたら、「30分ほど余分に、セキュリティ検査に時間がかかることを心した方がいい」とのアドバイスもあった。イライラしてしまうとは思うが、スムーズに検査を終わらせるために、協力的な態度を示すのがいいのではないだろうか。

参照元:Mirror(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Wikimedia Commons.

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【お値段以上すぎ】1690円のニトリ抱き枕、中毒者が後を絶たないワケ
男がゾクッとする!「鳥肌の立つほど魅力的な女」のテクニック
「女の子のひとりエッチ」大調査!みんなはどんな風にしているの?頻度は?
取り間違えと盗みを防ぐ 持ち手がカスタムされた「盗まれにくい傘」が“キモい”ナイスアイデア
ADHDの息子が、保育園で「つるし上げ」にあった日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加