最新ランキングをチェックしよう
熱帯に住むアリの一種が300万年前からコーヒーの木を「栽培」して共生してきたことが判明

熱帯に住むアリの一種が300万年前からコーヒーの木を「栽培」して共生してきたことが判明

  • GIGAZINE
  • 更新日:2016/11/29

オセアニアのフィジー諸島に生息するアリの一種が、特定の種類の植物を栽培していることが明らかになっています。栽培されているのはSquamellaria属に含まれるコーヒーの仲間の植物で、アリは植物の種子を木の上に運び、肥料を与えて育て、さらに実った果実の中に巣を作るという習性があり、両者は互いが存在しないと生存できないという強固な共生関係にあることがわかっています。 Ant species c

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
生年月日でわかる「バースナンバー」性格診断がヤバいほど当たる!? 秘められた潜在能力も徹底解説!
カナダ人「通販で買った中国製マグカップが届いたけど...夢も希望もない」
血液型【ブラックな裏の顔】あるある B型は生意気発言連発、AB型は冷徹なダメ出し!
整形メイクで人気!YouTuber鈴木未夢のガチ盛り自撮りテク十か条
【会社に反撃】短パン姿で出勤したら「着替えてこい」と怒られた青年 → 法律を逆手に取って “お洒落なワンピ” で職場に戻って仕返しに成功!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加