最新ランキングをチェックしよう
熱帯に住むアリの一種が300万年前からコーヒーの木を「栽培」して共生してきたことが判明

熱帯に住むアリの一種が300万年前からコーヒーの木を「栽培」して共生してきたことが判明

  • GIGAZINE
  • 更新日:2016/11/29

オセアニアのフィジー諸島に生息するアリの一種が、特定の種類の植物を栽培していることが明らかになっています。栽培されているのはSquamellaria属に含まれるコーヒーの仲間の植物で、アリは植物の種子を木の上に運び、肥料を与えて育て、さらに実った果実の中に巣を作るという習性があり、両者は互いが存在しないと生存できないという強固な共生関係にあることがわかっています。 Ant species c

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
親はどんな教育してるの?「家に遊びにきた子供」の最低行動3選
雑用は誰がしたらいい? 体育会の上下関係に武井壮が提案「全くもってその通り」
【実録】「はじめましてで即エッチ」なんでこうなった!驚きの経験談
ヒドい!主婦が暴露「100均で買って失敗したもの」TOP5
【煙草コラム】なぜ「iQOS(アイコス)」を吸ってるヤツらはあんなに偉そうなのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加