最新ランキングをチェックしよう
熱帯に住むアリの一種が300万年前からコーヒーの木を「栽培」して共生してきたことが判明

熱帯に住むアリの一種が300万年前からコーヒーの木を「栽培」して共生してきたことが判明

  • GIGAZINE
  • 更新日:2016/11/29

オセアニアのフィジー諸島に生息するアリの一種が、特定の種類の植物を栽培していることが明らかになっています。栽培されているのはSquamellaria属に含まれるコーヒーの仲間の植物で、アリは植物の種子を木の上に運び、肥料を与えて育て、さらに実った果実の中に巣を作るという習性があり、両者は互いが存在しないと生存できないという強固な共生関係にあることがわかっています。 Ant species c

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“コンドーム”が英語ではレインコート!?『知っておきたい男と女英会話』
使うのは両手だけ...「耳鳴り」をその場で治すテクニックが見つかる
知ってた!?「九九の9の段」に隠された驚くべき秘密
怖すぎる!16キロ走行した車の下から「体毛の焦げた臭い」恐る恐る見てみると・・・
お金持ちと一般人を分ける考え方の違い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加