足首負傷のバチュアイーが今季絶望的に、W杯出場は可能性残す

足首負傷のバチュアイーが今季絶望的に、W杯出場は可能性残す

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/04/17
No image

17-18ドイツ・ブンデスリーガ1部第30節、シャルケ04対ボルシア・ドルトムント。試合終盤に負傷し、担架で運び出されるボルシア・ドルトムントのミシ・バチュアイー(2018年4月15日撮影)。

【AFP=時事】ドイツ・ブンデスリーガ1部、ボルシア・ドルトムントのミシ・バチュアイーが、前日に行われたシャルケ04とのリーグ戦での足首の負傷で今季絶望になったことが明らかになったが、W杯ロシア大会出場には可能性を残した。

今年1月にイングランド・プレミアリーグのチェルシーから期限付きでドルトムントに加入したバチュアイーは、ツイッターに「良いニュースではないけれど、どうやら僕のシーズンは終わりのようだ。ドルトムントの信頼に応えることはできなくなってしまった。残りの試合でチームメートが健闘することを祈っている」と投稿した。

ドルトムントが0-2で敗れた15日の試合で、バチュアイーは左足首を負傷し、敵地ゲルゼンキルヒェンのスタジアムから担架で運ばれた。クラブは16日に発表した声明の中で、バチュアイーはシーズン絶望の「見通し」としながらも、6月14日から7月15日まで行われるW杯にはベルギー代表としてプレーする「可能性」が残されていることもつけ加えている。

この試合がドルトムントでの最後の試合になるとすれば、6月にレンタル移籍が満了を迎えるバチュアイーにとっては残念な形での退団となる。同選手はピエール・エメリク・オーバメヤンの代わりにドルトムントに加入して以降、リーグ戦で稼いだ7得点を含む公式戦14試合で9得点を記録している。

24歳のバチュアイーがけがで戦列を離れたことにより、ドルトムントは経験豊富なストライカー不足に悩まされることになる。シャルケには敗戦したものの、ドルトムントは今季残り4試合となった現時点で、来季の欧州チャンピオンズリーグ出場権獲得圏内のリーグ4位につけており、同5位のRBライプツィヒに勝ち点4差をつけている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トッテナム、英代表DFローズの後釜探し...PSG仏代表DFクルザワの獲得に関心か
悪質ファウル!マルコス・アロンソに3試合出場停止処分
神童ムバッペ、“スキル5つ星”の華麗な足技に脱帽 「二人では止めるのに十分ではない」
まさに変幻自在 アヤックス「10番」の“幻惑フェイント”に脚光「スカウトは釘付け」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加