最新ランキングをチェックしよう
小さい子の「疲れた」は危険信号かも? 熱中症で危機一髪だったお話

小さい子の「疲れた」は危険信号かも? 熱中症で危機一髪だったお話

  • おたくま経済新聞
  • 更新日:2018/07/18

酷暑で熱中症が続出している今、小さい子どもの「疲れた」がSOSのサインとなっていた事例が漫画でSNSに投稿され、大きな話題になっています。
【さらに詳しい元の記事はこちら】
 この漫画を投稿したのは、長野県在住の漫画家である火ノ鹿たもんさん。「熱中症でお亡くなりになった6歳の『つかれた』という言葉を聞いて 真っ先にこのことを思い出しました。 熱中症は温度もそうですが、湿度が高いとさらになりやすくな

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本でイスラム系テロが起きない理由は「美味しいご飯」と「アニメ」? 「完全に毒されている」「エンタメは抑止力」
「退職届」を書いたあと、仕事がめちゃ楽しくなった!? その理由とは?
無印の店員さんも使ってるコレで、ごちゃごちゃなポケットから解放〜!|マイ定番スタイル
Gカップの宣伝大使に聞く、「ゴムじゃないコンドーム」が人気の理由
「抱いて。私たち...このままじゃダメになる」苦悩する女にハイスペ夫が突きつけた、残酷な一撃とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加