ホームで痛恨の敗戦...鹿島MF永木、逆転優勝には「割り切ってやるしかない」

ホームで痛恨の敗戦...鹿島MF永木、逆転優勝には「割り切ってやるしかない」

  • サッカーキング
  • 更新日:2016/11/30
No image

明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ決勝の第1戦が29日にカシマスタジアムで行われ、鹿島アントラーズと浦和レッズが対戦した。試合は57分に浦和MF阿部勇樹がPKを決め、1-0で浦和が勝利を収めた。

フル出場しながらもホームで痛い敗戦を喫した鹿島MF永木亮太は、試合後のテレビインタビューで「切り替えていくしかない」と一言。一方で、本人が「内容自体は悪くなかった」と語ったとおり、浦和に決定機を作られる場面は少なかった。「(今日も)点を取れるチャンスはあったので、次はそこを決めきれるように修正して勝たないといけない」と第2戦での巻き返しを誓った。

第2戦はアウェーの埼玉スタジアムで行われる。鹿島のファン・サポーターに向けて「自分たちは2点を取って勝つしかないので割り切ってやるしかない。サポーターのみなさんたちにもしっかりと応援してもらって優勝したい」とコメントした。

決勝第2戦は12月3日19時30分にキックオフされる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【サッカーコラム】サッカーは残酷...V逸の浦和はリベンジができない
“集大成”の一戦で痛恨ミス、V逸...槙野智章、悔しさを胸に再起へ
玉田、北野に続いて...C大阪、34歳DF中澤聡太と契約満了「J1で旋風を」
尹晶煥新監督の就任を発表。"鬼プレス"を導入か
C大阪、2年連続Kリーグベストイレブンの元U-19クロアチア代表CB獲得。仁川が正式発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加