チェルノワの成績抹消、エニス・ヒルが3度目の七種競技世界女王に

チェルノワの成績抹消、エニス・ヒルが3度目の七種競技世界女王に

  • AFPBB News
  • 更新日:2016/11/30
No image

第13回世界陸上大邱大会、女子七種競技の800メートルで歓喜するロシアのタチアナ・チェルノワ(左)と英国のジェシカ・エニス・ヒル(2011年8月30日撮影、資料写真)。

【AFP】スポーツ仲裁裁判所は29日、2011年に行われた第13回世界陸上大邱大会で女子七種競技を制したタチアナ・チェルノワ(ロシア)に対して、ドーピング違反による資格停止処分を科し、同大会で獲得した金メダルを剥奪した。

28歳のチェルノワには3年8か月の資格停止処分が科され、2011年の世界陸上から2年間にわたる記録がすべて抹消された。そして2012年のロンドン五輪で七種競技の金メダルに輝き、リオデジャネイロ五輪でも銀メダルを獲得したジェシカ・エニス・ヒル(英国)が繰り上げで自身3度目の世界タイトルを獲得する見通しとなった。

2009年に開催された世界陸上でチェルノワから採取されたサンプルを再検査した結果、禁止薬物に指定されているアナボリック・ステロイド(anabolic steroid)が検出されたことで、エニス・ヒルは以前から2011年大会のタイトルは自身のものだと主張していた。

CASの声明を受け、2009年と2015年の世界選手権を制したエニス・ヒルは、大邱大会で自身とチェルノワが一緒に写っている画像をインスタグラムに投稿し、「この写真は永遠に私の心に焼きついています。それ(世界陸上での銀メダル)がロンドンで迎えた私自身初の五輪で成功を収める原動力になっていたとしても、心の中では間違っていると分かっていた」とつづっている。

チェルノワはまた、ロンドン五輪の銅メダルも剥奪されており、リトアニアのアウストラ・スクイテが繰り上がりで順位を一つ上げている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
CS決勝の判定で物議...家本政明主審がSNS閉鎖「これまで多々我慢してきましたが...」
クラシコ 先発メンバー発表
【真似しちゃダメ!】22人全員が泥酔してサッカーをする、ある検証ビデオが話題に
2度目のクラシコに挑むジダン。優勢の声に「この試合に有利不利は存在しない」
横浜カイケ度重なる規律違反で一時帰国 構想外に

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加