G大阪今野「当たり前」代表メンバー競争激化に冷静

G大阪今野「当たり前」代表メンバー競争激化に冷静

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/06
No image

練習前、パス回しする今野(撮影・江口和貴)

日本代表のMF今野泰幸(34=G大阪)が、個人の能力について熱く語った。

W杯ロシア大会初戦で当たるコロンビア戦を念頭に、W杯ブラジル大会での経験を元に「個が大事だと思います。(ブラジル大会での)コロンビア戦では、中盤での球際で全部持っていかれた。速いし、差を感じた。デュエルの部分ももっと上げないとだめだし、チームももっと緻密にやれないと」と、言葉に力を込めた。

今野は今年3月のW杯アジア最終予選のUAE戦で2年半ぶりのゴールを挙げ、ハリルホジッチ監督の信頼も厚い。その後左足小指骨折も経験。11月の欧州遠征には選ばれなかった。今回の招集についても「いい選手が入るだけ。悪い選手が外れるのは当たり前。そういうところ」と言い、ベテランらしく代表メンバーを巡る競争の激化を冷静に受けとめていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
制空権制圧の流経大柏CB関川は豪快ヘッドで1ゴール。選手権で自身の名を広める
【高円宮杯】「お前がいてくれて良かった」MVP・小林幹を支えたのは好敵手の存在
サッカーなでしこ、18年の最大目標はアジア杯 5位以内でW杯切符
【松木安太郎】韓国戦の敗因はベーシックな部分。日本には"戦える選手"がいなかった
[MOM508]法政大FW松澤彰(2年)_途中投入で2戦連発!189cmの“意外性”FWがブレイク狙う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加