楽観論先行も年内の税制改革法案成立については予断を許さない状況か

楽観論先行も年内の税制改革法案成立については予断を許さない状況か

  • FISCO
  • 更新日:2017/12/07
No image

株式会社フィスコ

市場では米税制改革をめぐる思惑が交錯している。法人税の引き上げ時期など上下両院で違いが見られることから議会通過に必要な法案の一本化への調整が難航するとの見方がある一方で、年内の法案成立への楽観的な見方も浮上しており、引き続き動向を注視する展開となりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
JR東日本とセントラル警備保障、「まもレール」のサービス対象駅拡大 7線111駅に
三越伊勢丹が「正月3が日休業」を断念...ネット上には「仕方ない」という声も
米ディズニー、フォックス買収で正式合意!
みずほFG株価に「取り残され感」 ライバルと決定的に違う「体質」
業界3位に転落したマツキヨがなぜ、過去最高益を出せたのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加