最新ランキングをチェックしよう
楽観論先行も年内の税制改革法案成立については予断を許さない状況か

楽観論先行も年内の税制改革法案成立については予断を許さない状況か

  • FISCO
  • 更新日:2017/12/07

株式会社フィスコ
 市場では米税制改革をめぐる思惑が交錯している。法人税の引き上げ時期など上下両院で違いが見られることから議会通過に必要な法案の一本化への調整が難航するとの見方がある一方で、年内の法案成立への楽観的な見方も浮上しており、引き続き動向を注視する展開となりそうだ。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クリプタクト、税理士向けに機能を強化した仮想通貨税金計算サービス「taxpro@cryptact」
海外企業の輸入サポートから宅配まで一気通貫するサービス開始
大塚家具、資金ショート危機でちらつく「最終局面」...人材流出、荒唐無稽な成長戦略
春節連休期間中、中国全土で延べ3億8600万人の観光客受け入れ―中国メディア
日産と三菱自、仏国内へ製造移転シナリオ...ゴーン氏が仏政府に「売る」可能性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加