手塚治虫「ばるぼら」雑誌連載時を復元したオリジナル版、短編5作も収録

手塚治虫「ばるぼら」雑誌連載時を復元したオリジナル版、短編5作も収録

  • コミックナタリー
  • 更新日:2019/11/20

手塚治虫「ばるぼら オリジナル版」が、本日11月20日に発売された。

No image

「ばるぼら オリジナル版」

すべての画像を見る(全5件)

No image

1973年から1974年にかけてビッグコミック(小学館)で連載された「ばるぼら」は、人気小説家の美倉洋介と、彼が新宿で知り合った謎の少女・バルボラを中心とした物語。街をさまようバルボラを拾って以来、彼の周囲では奇妙な出来事が次々と起こり始め……。同作は手塚眞が監督し、稲垣吾郎、二階堂ふみ出演による実写映画の公開も予定されている。

「ばるぼら オリジナル版」は「ばるぼら」を雑誌連載当時のまま復元した“オリジナル版”として刊行。雑誌と同じB5判で用意され、過去の単行本には収録されなかった扉や削除されたページなどもすべて連載時のまま掲載される。さらに単行本化の際に改変・削除されたセリフもオリジナルのものを収録。製版のための原本には、手塚プロダクションに保管されていた手塚の生原稿が使用された。

また巻末には「おいつめられた男」「異法人」「大松右京のラプソディ」「ゴミ戦争」「人身御供」といった全集には未収録、単行本には初収録となる短編5作を掲載。1960年代から70年代にかけて、「ばるぼら」と同時代に描かれた手塚の大人向けダークファンタジーが収められた。そのほか「ばるぼら」を読み解く資料として、16ページにわたる解説とコラムも収録されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
選ばれし者:魔法の代償! 魔女っ子を襲う過酷な現実... 四コマサボタージュ第80回「契約特典」
「史上最高の盛り上がり」 ボルトとナルトが力を合わせた大迫力のバトルシーンが映画並と評判【アニメ「BORUTO」135話】
声も表情もないけれど、僕を好きな気持ちはよくわかる「顔がない女の子」
【育児あるあるマンガ】子供のうそ
ベネッセ 教育情報サイト
ハンター魂で異世界の騒動を解決!「最強のおっさんハンター異世界へ」1巻
  • このエントリーをはてなブックマークに追加