日本の天才FW久保はフランスを崩せず シュート0でパス成功率70.4%/U-17W杯

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/10/11

サッカーのU-17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)第6日は11日、インドのグワハティなどで1次リーグ第2戦が行われ、E組の日本はフランスに1-2で敗れた。16歳のFW久保建英(FC東京U-18)は宮代大聖(川崎U-18)とのツートップで先発出場したが、前後半でフランス選手の激しいマークにあった。

抜群のボールコントロールでゲームメークしたものの、OPTA調べによると、シュートは0。タッチは48、パス27、パス成功率70・4%、チャンスクリエイト1、被ファウルは2だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『大食い王』もえあず敗れる歴史的混戦も 照英の「選手煽り」に批判殺到
【△】やっぱサッカー日本代表FW本田さんの無回転シュートはスゴイぜ...と思わずにはいられない動画
久保建英U17W杯手応え「5年後には日本が大国」
【U17】久保建英の財産になった「濃い時間」。仲間たちへ「代表でまた一緒のピッチに」
アーセナルやラツィオら3連勝...ホッフェハイムがクラブ史上初白星/EL・GS第3節
  • このエントリーをはてなブックマークに追加