横浜・学J200戦目で今季1号「1点も取れない不安あった」

横浜・学J200戦目で今季1号「1点も取れない不安あった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

◇明治安田生命J1リーグ・第26節 横浜1―1柏(2017年9月16日 日産ス)

No image

<横浜・柏>前半、今季初ゴールを決める横浜・斎藤(左)

苦悩のエースが殻を破った。前半9分、山中の左クロスが相手DFに当たって斎藤の足元へ。トラップしてペナルティーエリア左から右足を振り抜き、右サイドネットに突き刺した。「内心は今季1点も取れないのかなという不安もあった」。待望の今季第1号は16年10月29日の鳥栖戦以来27戦、時間にして2060分ぶりに訪れた。

昨季は通算10点を挙げたが、今季は結果が遠かった。7月29日の清水戦ではPKを失敗。「主将だからといってポジションを保証されているのはよくない」とモンバエルツ監督に先発落ちの覚悟も伝えたが、準備だけは怠らなかった。Rマドリードのポルトガル代表FW、C・ロナウドも取り入れる「クライオセラピー」という液体窒素を使った疲労回復法にも挑戦した。

チームは後半43分にFKから失点してドロー。自身のJ1通算200試合出場の節目を飾ることはできなかったが、エースは巻き返しのきっかけをつかんだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
JFAが神戸対磐田での「エリア内の決定的なハンド」を検証。上川副委員長は「映像で見ると明らかだった」
恐怖!殺人鬼の館カシマ...中田浩二氏「ハンパない」
CKからドンピシャヘッドも...筑波大DF鈴木大誠「自分のせいで負けた」
【ライターコラムfrom水戸】水戸ユース、県リーグ優勝! 結果で証明した育成のベースの高まりと継続性

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加