最新ランキングをチェックしよう
武田、バリアントの胃腸薬部門買収交渉が決裂

武田、バリアントの胃腸薬部門買収交渉が決裂

  • WSJ日本版
  • 更新日:2016/12/01

カナダの製薬会社バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルは胃腸薬部門サリックス・ファーマシューティカルズを約100億ドル(1兆1400億円)で売却する方向で武田薬品工業と交渉していたが、双方は価格面などで折り合うことができず、交渉は決裂した。複数の関係者が明らかにした。
 関係者によると、まだ交渉再開の余地はあるが、バリアントはサリックスを売却するより立て直すことに照準を合わせつつ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鴻海との提携が生んだ初めての家電、1.5kgの超軽量掃除機シャープ『RACTIVE Air』
東海道・山陽新幹線の次期車両「N700S」内外装のデザイン決定 なぜこんなに複雑?
NECお前もか。なぜ日本の大手メーカーが相次いで凋落するのか?
上智大卒も38歳で無職のワケ「高卒からバカにされ...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加