工藤監督男泣き 屈辱のV逸から1年「“一つになろう”合言葉に」

工藤監督男泣き 屈辱のV逸から1年「“一つになろう”合言葉に」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

◇パ・リーグ ソフトバンク7-3西武(2017年9月16日 メットライフ)

No image

歓喜に湧くソフトバンクの選手らが工藤監督を胴上げ

2年ぶりの優勝が決まり、選手の手で7度宙を舞ったソフトバンク・工藤監督。「ホッとしました」と笑顔を見せたものの、それでも優勝を逃がした昨年からの1年を振り返ると声を詰まらせた。「クライマックスシリーズで負けてから1年弱。このこと(優勝)だけを思って1年やってきました」。そう言葉を振り絞ると、目に涙をにじませた。

昨年は11・5ゲーム差を逆転され優勝を逃した。「昨年の負けからの反省」としてチームが1つになることだけを考えてきた。「期待を受けながら勝てなかった。自分自身何とかしたい、しなければいけない。それだけの思いで“ワンダホー”という、一つになろうというその言葉を合言葉にやってきました」。秋季、春季、そしてオープン戦とそれぞれ高い課題を設定し、選手がすべてを乗り越えてきた。

「なんの文句も言わず、乗り越えてくれた」と選手を頼もしく見つめた指揮官。「ファンのみなさんの思いが選手に伝わり、死にものぐるいで一試合一試合戦ってくれた。屈辱を晴らそうと思って戦ってくれた」。その結果が、この日のパ・リーグ最速となる優勝へとつながった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤクルト来季新監督に小川SD復帰へ  OB宮本氏がHC入閣
ノムさん、巨人・村田をバッサリ「見ていると現役復帰したくなる。まだ俺の方がましやろ」
【MLB】会場は唖然、騒然...MLBで驚きの珍プレー、バントが“先頭打者弾”に
清宮が「世界」で通用しなかった理由
阪神・今岡2軍Cが退団濃厚...ロッテ入閣へ 球団幹部「残念です」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加