大地真央、真紅のドレスで魅了!絶頂期の越路吹雪役に

大地真央、真紅のドレスで魅了!絶頂期の越路吹雪役に

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2017/12/06
No image

大地真央が、来年1月8日(月)からスタートする昼の帯ドラマ『越路吹雪物語』(テレビ朝日系、毎週月~金、12:30~※BS朝日<再放送>毎週月~金、7:40~)で、宝塚歌劇団の大先輩である越路吹雪の絶頂期を演じることが決定。このほどポスター撮影に臨み、本作への出演について心境を語った。

玉森裕太、入浴シーンにファン悶絶「鎖骨が芸術的!」

この作品は、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪の波乱に満ちた生涯と、盟友の作詞家・岩谷時子との濃密な友情を綴っていくドラマ。越路吹雪、本名・河野美保子、愛称“コーちゃん”は、子どもの頃から歌が好き。少女時代は勉強はキライでおてんばだが、とても純粋な女の子だった。そんなコーちゃんは、父に勧められて宝塚音楽歌劇学校を受験。見事合格したものの、踊りもできないコーちゃんは、落第寸前の“落ちこぼれ”に……。しかし、天性の歌唱力と明るい性格で先輩スターや同期に支えられ、男役トップスターへの階段を駆け上って行く。退団後は歌手、女優として活動。日本を代表する作詞家・岩谷時子とタッグを組んで、「愛の讃歌」などシャンソンを多くカバーしたことから、“日本シャンソン界の女王”とよばれ、まさに日本の音楽シーンの歴史を変えた、稀代の歌手となった。今回大地は、青年期の主演を務める瀧本美織からバトンを受け継ぎ、絶頂期の越路を演じることとなる。

実は、大地も入団時、49人中25番というエリートとはいえない成績だったが、めきめきと頭角をあらわし、月組男役トップスターとして一時代を築いた伝説の持ち主。今回の出演について、「越路吹雪さんは、尊敬する“大上級生”。うれしさと同時に、責任も感じています」と大先輩を演じる心境を明かしながらも、「新人時代、私は“現代っ子”や“異端児”などと言われたのですが、越路さんもやんちゃな面がおありだったようで……。おこがましいのですが、似ているエピソードが多々あって、うれしく思っています。そういう点では楽しんで演じさせていただきたいなと思っています」と自らとの“共通点”を挙げ、笑顔で意気込みを語った。

また、越路は“日本シャンソン界の女王”として知られているが、なんと大地は「実は、私はどちらかというとジャズが好きで……宝塚時代からあまりシャンソンにはあまりご縁がなかったんです」と告白。「そんなこともあって、シャンソンというのは60才代位のある程度年齢と経験を積んでから歌うものだと勝手に決めていたのですが、ちょうどその時期がドンピシャで訪れて驚いています! 私にとって新たなチャレンジになるのですが、すごく楽しみですね。“いよいよ、シャンソンを歌えるんだ!”……今、そんな心境です!」と、12月中旬からはじまる収録を心待ちにしている様子。

ポスター撮影当日は、リサイタルをイメージした真紅のドレスとショートヘアのウィッグを身に着けてスタジオに登場。照明を浴びてカメラの前に立った姿は、まさに“シャンソンの女王”そのもの。「衣装とヘアメークの力を借りて、自然に越路さんを演じられたような気がします。とても楽しい撮影でした」と、早くも役柄への手ごたえを実感しているようだ。

そして、偉大な作詞家・岩谷時子役には市毛良枝が決定。大地は岩谷本人と深い“縁”があり、「私が宝塚を退団して初めての舞台で歌詞をすべて翻訳してくださって、励ましの言葉をいただいたことを覚えています。思えばその舞台は日生劇場でしたし(※越路吹雪が500回以上、ロングリサイタルを行なった劇場)、不思議な“縁”を感じています。市毛さんとは一度ドラマでご一緒させていただいたのですが、ほんの一場面だったので、今回がっつりお芝居させていただくのを楽しみにしております」と新たなタッグに思いを馳せており、「実は、私はまさに“ドンピシャ世代”で、越路吹雪さんのリサイタルを劇場で拝見していました」という市毛もまた、「岩谷時子さんを演じるチャンスをいただけて、この上なく光栄。越路さんは今、思い出してもドキドキワクワクして胸がいっぱいになってしまうぐらい素敵でした。大地さんも一時代を築いた大スターでいらっしゃるので、ピッタリだなと思っています」と、共演を楽しみにしていることを明かした。

大地と市毛が登場するのは、宝塚退団後、映画、舞台、リサイタル……と忙しい日々を送りつつ、プライベートでは後に夫となる作曲家・内藤法美と交際を深めていた時代からで、3月初旬を予定。人生の絶頂期へと向かっていく2人を、華やかかつ繊細に演じていく。

その他、越路をスターの座へと導く、男性キャストたちも発表。越路に淡い恋心を抱く脚本家・庄司義男を駿河太郎、歌劇団の教務責任者・大塚弥一を宇梶剛士が演じる。また、越路の歌の才能を最初に見抜く声楽教師・伊藤登に中村俊介、伊藤とは逆に美保子を落第させるべきと主張する日本舞踊の教師・近江丈一郎に篠井英介が決定、豪華キャストたちの共演に期待が集まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松重豊の特番ドラマ「意外な役柄」で続編希望の声多数
AV女優と不倫、デキ婚、シンプルにキモい...深夜番組で筋書なしのディスり合いバトルがぼっ発
伊香保温泉“黄金の湯”が汚すぎる!掃除ができない理由とは...
「ザ・ノンフィクションSP 人殺しの息子と呼ばれて...」が12月15日ゴールデンタイムで全国放送へ 息子さんの新録インタビューを追加
受信料を払いたくない人も納得の「大胆なNHK改革案」を示そう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加