「ドラァグクイーンのファッション」103年の歴史を振り返る動画 / ドレス、メイク、ただならぬ存在感に完全ノックアウト

「ドラァグクイーンのファッション」103年の歴史を振り返る動画 / ドレス、メイク、ただならぬ存在感に完全ノックアウト

  • Pouch
  • 更新日:2016/10/18
No image

ポーチでたびたびお伝えしている「◯◯の100年シリーズ」ですが、本日ご覧いただく作品のテーマは、ずばり「ドラァグクイーンのファッション」!

きらびやかな衣装をまとい、華やかなメイクと振る舞いでその場にいる人々の心を一気に取り込む。不思議な魅力を放つドラァグクイーンたちのファッション103年の歴史を振り返ることができる映像は、必見ですわよ☆

【みなさん現役のドラァグクイーンです】

見どころばかり、いやむしろ、見どころしかない映像をYouTubeへ投稿したのは、アメリカ発の雑誌「ヴァニティ・フェア」。

各年代のドラァグクイーンを演じるのは、ドラァグクイーンの次世代スターを探す人気オーディション番組「ル・ポールのドラァグ・レース」にも出演した、現役の有名ドラァグクイーンたち。

シャンジェラさん、メイクアップアーティストとしても活躍するラジャさん、デトックスさん、キム・チーさん、以上4名のみなさんです。

【キム・チーさんの強烈インパクトにノックアウト!】

カルト映画『ピンク・フラミンゴ』(史上最低のお下劣映画として有名な作品)に出てくるキャラクターばりの強烈メイクでまず登場したのは、キム・チーさん。

トップバッターは1920年代、ジャコモ・プッチーニ作曲のオペラ『蝶々夫人』からインスパイアされているというだけあって、ドレスもヘアスタイルも、そして仕草も実に上品です。

【オーラと色気がすごい】

これ以後登場するシャンジェラさん、デトックスさん、ラジャさんによる3名のメイクは王道。インパクト重視のキム・チーさんとは対照的に(?)ただひたすらに美しいっ。

女性顔負けの美貌で着こなすのは、往年の有名パフォーマーたちをイメージしたドレス。堂々たる佇まいとあふれ出る色気に見惚れ、当時流行っていたヘアメイクとファッションに恋をする。眺めているだけで、あっという間に時間が過ぎ去ってしまいます。

【当時の流行もよくわかります】

70年代のパンツルックに、デヴィッド・ボウイさんをイメージしているという80年代の奇抜なミニドレス・スタイル。R&Bのディーバを連想させる90年代のロングスパンコールドレス、そしてレディー・ガガさんを思わせる2000年代のレオタード姿。堂々ラストを飾るのは、未来のドラァグクイーン!

現役ドラァグクイーンであることも影響しているのでしょうが、みなさまとにかく魅せ方が上手。魅せに魅せまくる! 4分半という時間を全く長く感じさせない「ドラァグクイーンファッションの103年」を、それではさっそくチェックしてみてくださいね。

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“全裸×指1本”絶妙な自撮りが流行中
成宮寛貴に”コカイン吸引”疑惑?証拠写真で暴かれた謎の素顔
北斗晶、「術後5年の生存率50%」からの早すぎる仕事復帰の裏事情
元光GENJI・諸星&大沢、ASKA逮捕に「赤坂の方が心配」
伊野尾慧、女子アナ二股報道でスタッフがブチギレ!? 「めざまし」の内容が変更に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加