海洋学者が開発したサメ避けバンド「Sharkbanz」の効果とは?

海洋学者が開発したサメ避けバンド「Sharkbanz」の効果とは?

  • @DIME
  • 更新日:2018/09/23
No image

ダイビングでサメに出くわした……

すっかり本格的な夏が通りすぎて、やっと涼しい秋となりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

ここから先は、ちょっと季節外れの記事ネタとなりますので、まずはまだ夏だと思いこんで読んでくださいませ。

★★★

……まだまだ夏まっさかり! 外はとっても暑いですね! (白々しい)

夏と言えば、何をさておき、一番楽しみなのが「海水浴」や「ダイビング」です。

しかし、何の対策の無しに、うっかりダイビングで海に入ると、サメが寄ってきてタイヘンです。

No image

サメ(鮫)は、軟骨魚綱板鰓亜綱に属する魚類のうち、鰓裂(さいれつ。咽頭部の両側に生じてくる数対の裂け目)が体の側面に開く生物の総称です。

サメと言えば思い出すのが、映画『ジョーズ』(1975年公開)。

人食いザメの恐怖を描いた、スティーブン・スピルバーグ監督の傑作映画ですが、実は人間を襲う獰猛(どうもう)で危険なサメの種類は、わずが20~30種類程度(サメ類全体の1割ほど)といわれています。

とはいえ、映画の中でも紹介された、ホオジロザメのような危険なサメに襲われたら、瞬く間(またたくま)に、鋭い歯と力強いあごで噛みつかれて、大けがをしてしまうか、最悪の場合死んでしまいます。

そのため、海水浴やダイビングは楽しみたいけれど、サメには噛まれたくない、しかしお手軽カンタンにサメ避けができる商品が今までなかったのが、世のダイビング愛好家たちの悩みの種でした。

おもしろガジェット全盛のこの時代、海水浴やダイビングを楽しみながら、気軽にサメ避けが可能な商品は存在しないのでしょうか……?

実はあります。

このたび、サメが多い日でも安心! 海洋学者が開発した、サメに食べられないようにするサメ避けバンド『Sharkbanz』が発表されています!

Sharkbanz

No image

『Sharkbanz』は、サメが多い日でも安心! 海洋学者が開発した、サメに食べられないようにする、世界初のサメ避けバンドです。

どうやってサメを避けるの?

Sharkbanzは、強力な永久磁石の作用で、サメを追い払います。

実験の結果、みごとサメは避けました。

No image

ちなみに、Sharkbanz無しで実験すると、がっつりサメに噛まれます。痛そう!

No image

Sharkbanzの効果的なサメ抑止技術は、科学者や海洋生物学者による10年以上の研究と試験の成果です。

Sharkbanzの内部にある、特許取得済みの磁気技術は、常に「オン」の状態になっています。バッテリー不要、充電不要なので、シンプルで使いやすいです。

ダイビングや、水泳、サーフィンに使え、深度100m / 330ftまで効き目があります。

手首や足首に装着するように設計されたSharkbanzは、軽量で快適なので、海水浴やダイビングを楽しむのに、使いずらさを感じることはありません。1つまたは複数を、手足に着用してサメを追い払ってください。

No image
No image

商品販売ページと仕様は以下の通りです。

記事執筆時点では、74ドル(記事執筆時点で約8000円ちょっと)で入手可能です。現在、最新バージョンの、『SHARKBANZ 2』が発売されています。

SHARKBANZ 2

No image

サメが多い日でも安心! 海洋学者が開発した、サメに食べられないようにするサメ避けバンド『Sharkbanz』。

ただし、サメは野生の動物であり、行動が予測不可能なので、サメに襲われない可能性が100%保証される訳ではありません! わざわざサメのいるところに出かけて、人体実験する試みは絶対にやめてくださいね!

※資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、写真AC、もしくはメーカー・販売店サイト、またはwikipediaなど(sharkbanz.com様サイト、wikipedia「サメ」などの項目。)
※本記事は、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの異訳調の紹介風なエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性等を保障するものではございません。(特に海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合があります。)
※海外通販の購入(輸入)やクラウドファンディングの出資については、筆者及び編集部はその商品やプロジェクトを保障するものではございません。輸入や出資は自己責任となります。ご注意下さい。
※技術基準適合証明(技適)を取れていない商品がある場合、その機器の「使用」を勧めるものではございません。購入、利用においては、あくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所は概ねフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ネタがテーマの漫画を得意とする→http://www.furuyan.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FANZA「性に関する統計調査」公開 奈良県の特異性、熟女への注目明らかに
「退職届」を書いたあと、仕事がめちゃ楽しくなった!? その理由とは?
本当に実力の高い路線は? 首都圏「沿線力」ランキング
Gカップの宣伝大使に聞く、「ゴムじゃないコンドーム」が人気の理由
マジックミラー越しにHな行為を見せるだけで... 高額アルバイトの実態に衝撃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加