阪神ドラ5谷川 感謝の初ブルペン「こういう環境ありがたい」

阪神ドラ5谷川 感謝の初ブルペン「こういう環境ありがたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/13

感謝の初ブルペンとなった。阪神のドラフト5位・谷川(九州三菱自動車)が新人一番乗りでブルペン投球に取り組んだ。捕手を立たせたまま直球のみを33球。1年前に比べて激変した環境にこうべを垂れながら、順調な調整ぶりを披露した。

No image

新人一番乗りでブルペン入りした谷川

「社会人の時は1、2月は決算前で仕事優先でした。1月はガッツリ仕事をして、終わってからジムに通っていたくらいです。そこでキャッチボールとかはやっていましたけど、ガッツリ全体練習というのは無かったので。本当こういう環境でやらせてもらえるのは、ありがたいです」

1年前の今頃はジャージーではなくスーツに身を包み、営業回りで汗を流していた。社業最優先だった。それが今、野球が唯一の仕事となった。1球ごとに感謝の気持ちをかみしめ、捕手のミットにボールを投げ込んだ。

とはいえ、舞い上がってブルペンに入ったわけではない。そこには即戦力らしく地に足を付けた逆算が働いていた。「2月半ばには紅白戦も入ってくると思うので、早い段階で体を張らせるというか慣れさせていきたいと考えていた。このタイミングで入れて、順調に来ていると思っています」。1日でも早く「プロの水」に体を慣れさせ、キャンプでのアピールに備える。

目に付いた高めに浮く球も想定内。「久しぶりの傾斜だったので、ちょっと高めに浮く球が目立ったかなと思いますが、それも計算済みというか予想はしていました」。1軍キャンプ、開幕1軍、そして…。目の前の目標に向け、一歩ずつ、着実に前進していく。(惟任 貴信)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ソフトバンク柳田驚く、糸井の体スーパーサイヤ人化
三田友梨佳、白鵬「かち上げ問題」への見事な講釈に安藤優子も脱帽!
新人合同自主トレで感じた〝猛練習時代〟の終わり
巨人 投手陣に目標値設定 「規定投球回数到達者5人」など4項目
【野球】阪神・淡路大震災発生の1995年 「がんばろうKOBE」オリックスがパ制覇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加