ヤクルト星7回1失点6Kも勝てず、監督は高評価

ヤクルト星7回1失点6Kも勝てず、監督は高評価

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

4回の攻撃を三者凡退で抑えたヤクルト星(右)はリベロをタッチで出迎える(撮影・足立雅史)

<ヤクルト1-6DeNA>◇10日◇神宮

ヤクルト星知弥投手(23)の好投も報われなかった。直球を主体にDeNA打線を押し込み、リズムを作る。5回に宮崎にソロを浴びたものの7回2安打1失点6奪三振。フォークを効果的に使い、的を絞らせなかった。しかし打線の援護を得られず、勝ち負けつかず。直近の2試合で計15失点と不振が続いていたが、復調の投球となった。「(不振の試合は)初回や序盤を大事に大事に入っていた部分があった。今日はある意味大胆にいきました」と手応えを口にした。

真中満監督(46)は「今季1番くらいの内容だった。こういったピッチングができれば勝ちがついてくる」と評価した。

チームは敗れ、2連敗。借金は31となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パの上位争いに異変、楽天急失速、迫る西武...17年第21週投打5傑【パ編】
花咲徳栄、東海大菅生を打ち負かし隊!野村「打ち合い負けない」
2000安打目前、阪神・鳥谷が打率.571の大当たり...17年第21週投打5傑【セ編】
中居も驚愕、巨人軍のリッチすぎる秘話
初星今度こそ!阪神・小野、12度目挑戦で連勝バトンつなぐ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加