15年以上も「マツイとイチロー」...大谷に変えてほしいMLB「日本の打者」の基準

15年以上も「マツイとイチロー」...大谷に変えてほしいMLB「日本の打者」の基準

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/13

15年以上も停滞する時間を動かしてほしいと思う。日本ハムの大谷翔平選手のメジャー移籍表明会見を見て、そう思った。大谷は米国でも二刀流の可能性を追うと話してくれたからだ。

No image

メジャー挑戦を表明し、笑顔を見せる大谷

160キロを超える速球を投げる投手の方は、すでにメジャーでも期待を込めた評価を得ていると推測する。では、打者としてはどうなのだろう。交渉過程でどれほどの球団が「打者・大谷」を見てくれているだろうか。

以前にもスポニチ「十字路」で紹介したが、10年以上前、日本から大リーグの取材に行った時に、米国の記者から良く聞かれたのは「彼はマツイよりパワーがあるか?」「イチローよりスピードは?肩は?」だった。メジャーのスカウトにも何度も聞かれた。2人が日本選手のもの差しとなってから15年がたつ。松井秀喜氏は2012年限りで引退。イチローも来季、メジャーでプレーできるかは現時点で保証がない。野球は「10年ひと昔」ではなくなり、1年ごとに大きく進歩している。その中で「日本の打者」に対する基準が動いていないのは、おかしい。

今年3月のWBCで侍ジャパンは準決勝で米国に敗れた。米メディアのコラムには「数人は危ない打者がいたが、マツイやイチローはいなかった」というものがあった。またか…と思った。だからこそ、大谷には、メジャー各球団の日本人野手への概念を覆してほしいと思う。

日本ハムからドラフト1位指名を受けた清宮幸太郎も「世界一の本塁打王」を将来的な目標に掲げる。早くから世界を目指そうとする野手のためにも…と考えてしまう。

今季はドシャーズ・ダルビッシュやヤンキース・田中の150キロを超える直球、キレのあるスライダーを軽々とスタンドに運ぶメジャー選手を映像で目の当たりにしてきた。どうやって強化すれば、世界基準の野手を育てることができるのだろうか。

大谷を預かり、清宮育成の指名を背負う日本ハム球団、栗山監督だけでなく、野球界全体で考えなければならないことでもある。(記者コラム・倉橋 憲史)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
約半年のトレーニングで、だーりおが変わった4つのこと!【#モアチャレ 内田理央の「キックボクシング」チャレンジ!】
楽天森原600万増「来年は50試合以上投げたい」
阪神新社長が金本監督との緊急会談を要請、「酒席議論」で敗因のなすり合いか
松崎しげる 西武球団歌「地平を駈ける獅子を見た」40周年バージョン初生披露
名将か愚将か...セ・リーグの監督を査定する!【2017年版】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加