Eightの“スマートマットレス”が家電との接続に対応!自動的にコーヒーを淹れることも可能に

Eightの“スマートマットレス”が家電との接続に対応!自動的にコーヒーを淹れることも可能に

  • RBB TODAY
  • 更新日:2016/11/29
No image

睡眠テクノロジーのスタートアップEightは、これまでもスマートマットレスを世に送り出してきたが、その最新型はスマートホームデバイスとの接続にも対応した。

一般的なスマートベッド関連製品は、ユーザーがより良い睡眠体験を得るために設計されている。Eightのマットレスカバーも例外ではなく、これまでのモデルでは睡眠前にマットレスを温めたり、機械学習によってユーザーの睡眠パターンを解析し、どうすればより良い睡眠時間がおくれるかのアドバイスを、モバイルアプリ経由でユーザーに共有したり、毎朝ユーザーがもっとも起床しやすい時間帯にアラームを鳴らしたりする機能が特徴だった。

だが、最新モデルは起床後の便利さに着目。先の機能に加えて、サーモスタットやライト、コーヒーマシンなど、室内にある他のスマート家電との接続にも対応した。これにより、起床時にユーザーがスヌーズボタンを押せば、ライトがオンになるのはもちろん、コーヒーマシンが自動的にコーヒーを淹れてくれ、より快適な朝が享受できる。

「EIGHT SMART MATTRESS」は、同社公式ウェブページから購入が可能。価格はサイズによって異なり、75 × 54インチのフルサイズが950ドル(約10.7万円)、60 × 80インチのクイーンサイズが1,050ドル(約11.8万円)、76 × 80インチのキングサイズが1,150ドル(約12.9万円)などとなっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
電源なしでいつまでも音を拾い続けるVesperの超長寿命超低電力マイクロフォンが$15Mの資金を獲得
女の子にマッサージも アダルトゲーム「VRカノジョ」が最新VRコントローラー対応で、“手”で触れるプレイが可能に
スマホで全家電を操作「eRemote mini」が大人気|アスキーストア売れ筋TOP5
iOS版Twitterアプリのリプライ表示変更、ミスだった
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加